マジパン、AI(人工知能)による『MV先行型 楽曲制作プロジェクト』を始動

twitterツイート

マジカル・パンチラインが、人工知能「AI-CD β」をクリエイティブディレクターに迎え、世界初※となる『ミュージックビデオ先行型 楽曲制作プロジェクト』に挑むことを発表した。

◆マジカル・パンチライン 画像

「AI-CD β」は、McCANN MILLENNIALS(マッキャン ミレ二アルズ)が開発した、CMのクリエイティブディレクションを行う人工知能。過去10年間の優秀なTVCMをデータベース化しており、商品や訴求内容に応じて、最適なCMを作るためのクリエイティブディレクションを行う。

今回のプロジェクトは、AI-CD βが導き出したクリエイティブディレクションを元に、楽曲よりも先にミュージックビデオを制作し、ミュージックビデオに合わせて楽曲を制作するという試みだ。

マジカル・パンチラインに対して提示されたクリエイティブディレクションは、『【狩猟本能】を、【学園】モチーフで、【擬物化】を使い、【アンニュイ】なトーンで、【ドキッとする】映像で伝えろ。』というもの。これからどのようなミュージックビデオが制作され、そこからどのような楽曲が制作されるのか、今後の展開に注目が集まる。


またこのプロジェクトについては、マジカル・パンチラインのYouTubeチャンネルにてドキュメンタリー映像が公開されている。現在、第3話まで公開されており、今後も制作過程に密着し、その裏側を見せていく。

※2017年9月12日現在、人工知能による映像先行型の楽曲制作としては世界初。
 [(株)マッキャン・ワールドグループ ホールディングス調べ ]




◆マジカル・パンチライン YouTube公式チャンネル
◆マジカル・パンチライン オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報