【ライブレポート】パワフルでダンサブル、そしてハッピーな歌姫、Beverly

twitterツイート

Beverlyが12月14日、マイナビBLITZ赤坂で<Beverly 1st JOURNEY「AWESOME」>の追加公演を終えた。

◆ライブ画像

ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』主題歌「I need your love」や『仮面ライダービルド』主題歌「Be The One」のヒットをはじめ、アリアナ・グランデの来日公演のサポート・アクトを務めるなど、飛躍の2017年を締めくくる晴れ舞台だ。一階席の熱烈なファンはもちろん、2階席を埋めた関係者の多さが目を引く。日本でのアルバムデビューから半年、彼女への注目度がぐんぐん上がっていることが、ここに座っているだけで肌で感じられる。

オープニングは「Tell Me Baby」。ファーストアルバム『AWESOME』の1曲目を飾るパワフルなR&Bチューンを、とてつもない声量と圧巻のハイトーンで歌う。噂通り、いや噂以上にナマで聴く彼女の声は素晴らしい。ドラムにパーカッション、2台のキーボードにコーラスも加えたバンドのゴージャスな音圧に拮抗している。続けてファンク色の濃い「Too Much」へ、そして早くも「I need your love」を繰り出して一気に畳みかける。R&B、ファンクにさらにロックを加えたような、洋楽とJ-POPとのハイブリッド。セクシーなシルエットの白い衣装に銀の厚底ヒール、ポニーテールに束ねた髪、そして輝くようなキュートな笑顔で、マイクを持たない右手を「届け!」とばかりに客席に伸ばす。全身を使った元気いっぱいのパフォーマンスだ。


「特別な1年を締めくくるワンマン・ライブ、特別な夜をみなさんと過ごせることが本当にうれしいです」

彼女がフィリピンから日本に拠点を移したのは2016年のことだが、わずか1年ちょっとでしっかりとした言葉を話す。勘の良さに加えて努力家なのだろう。『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』挿入歌「Empty」のように切々たる感情の機微が必要な曲も、日本語の表現力はばっちりだ。「Dance in the Rain」から「Nowhere to go…」へ、AOR風のアダルトなグルーヴもダークなロック調も、どんな曲調も揺るぎない歌唱力で歌いきってみせる。

アリアナのサポート・アクト、a-nationでのパフォーマンス、そしてASEAN設立50周年記念晩餐会でのパフォーマンスなど、今年の想い出を振り返りながら、「支えてくれたみなさんに大きなTHANK YOUを送ります」とひとこと。さらに「来年は私の日本語がもっとうまくなりますように(笑)」と付け加える、お茶目なMCがかわいい。曲はドラマチックなロックバラード「Future」からJ-POPの成分多めのスローチューン「今もあなたが...」、そしてダークで緊張感あふれる「Unchain My Heart」へ。スロー&ミドルテンポの重厚な曲を歌う時のBeverlyは、ドキッとするほど大人びた色気のある表情を垣間見せてくれる。


「フィリピンに比べて日本の冬は寒いけど、でも大丈夫。ホッカイロも電気ブランケットも、ヒートテックもあるから。鬼に金棒です!」

そんなゆるふわトークがいつの間にか脱線し、バンマスを務めるギターの和田健一郎と、ブロークンすぎる日本語と英語の掛け合いで盛り上げるシーンに観客は大笑い。Beverly、バラエティ番組の才能ありますよ。テレビ局のみなさんよろしく。というわけで、テレビでおなじみ『仮面ライダービルド』主題歌、小室哲哉と浅倉大介のユニット・PANDORAにBeverlyが参加した強力なダンスロック・チューン「Be The One」で華々しく後半がスタート。二人のことを“J-POPレジェンド”と紹介する、J-POPへの愛を感じる言葉がうれしい。さらに切ないピアノバラード「Just once again」、ダンサブルな「Never Ever」と、アルバム『AWESOME』からの曲を立て続けに。右手を激しく動かしながら歌う、Beverlyの歌はパワフルな上にとてもエモーショナルだ。

アパマンショップCMソングになった新曲「All I Want」では、ミラーボールがぐるぐる回り、ダンス・クラシック風の曲調に合わせて得意のハイトーンがどこまでも高く伸びてゆく。続くオールディーズ調の「Mama Said」もそうだが、Beverlyの声は機能的なダンスミュージックよりも、人間くさいあたたかみのあるソウルやR&B成分が多い曲のほうがきっとよく似合う。パワフル、ダンサブル、そしてハッピー。本編ラストに歌われた「Sing My Soul」でも、ゴスペル風のコール&レスポンスを織り込んだ、力強いソウルフルな歌がたっぷりと聴けた。ここまで15曲、パワー全開で歌いきって声量も表現力もまったく落ちない。なんてすごいシンガーだろう。

アンコールではツアーグッズのTシャツに着替えたBeverlyが、2017年を代表する世界的ヒット・チューン「Despacito」を、哀愁のスパニッシュ・ムードたっぷりに歌い、続いてオールディーズ・ポップ風の「Xmas With You」を元気よく華やかに歌う。さらにディズニー映画『ライオン・キング』主題歌として知られる「Can You Feel The Love Tonight」へ。強い説得力を持つ彼女の歌は、映画やドラマの主題歌などストーリー性のある楽曲との相性が特に良いようだ。「今日は50曲用意しました。1時まで大丈夫です(笑)」と、かわいらしいジョークも冴えている。クラシカルなディスコ・チューン「Do That!」では、フロアを巻き込んだコール&レスポンスでもうひと盛り上がり。アウトロでバンドを煽り、最後は自らジャンプで曲を終わらせる。何をやってもキュートなBeverlyだ。


「来年も素晴らしい年になりますように。祈りを込めて歌います」

いよいよ、本当のラスト・ソング。「英語でしゃべっていいですか?」と断ってから話した長いスピーチの内容はわからなかったが、家族へ感謝を伝えたことは聞き取れた。たぶんBeverlyの家族だろう、2階席のどこかでうれしそうな笑い声が聞こえる。そして歌い出した「Amazing Grace」の、真心のこもった素晴らしい歌を、何と表現すればいいか。SPIRITUALよりもSACREDと言った方が近い、祝福の歌声。Beverlyは技巧で歌うのではなく、魂で歌うシンガーであることがよくわかる。

歌い終えて笑顔で手を振るBeverlyに、会場いっぱいのあたたかい拍手が贈られる。まだ彼女をよく知らない人であるほど、この日のライブは心に残ったはずだ。2018年、彼女はどこまで大きく羽ばたいてくれるのか。その祝福の歌声を、より広く遠い世界まで響かせてほしいと願う。

取材・文◎宮本英夫
写真◎田中聖太郎


セットリスト

1.Tell Me Baby
2.Too Much
3.I need your love
4.Empty
5.Dance in the Rain
6.Nowhere to go...
7.Future
8.今もあなたが...
9.Unchain My Heart
10.Be The One
11.Just once again
12.Never Ever
13.All I Want
14.Mama Said
15.Sing My Soul

en.
1.Despacito
2.Xmas With You
3.Can You Feel The Love Tonight
4.Do that
5.Amazing Grace

配信限定シングル「Xmas with you」

「2017 アピタ・ピアゴ クリスマスCMイメージソング」

▼レコチョク 
http://recochoku.com/a0/beverly_xmasWithYou/
【レコチョク限定ダウンロード特典】
「Beverly クリスマスメッセージ付き 壁紙」をプレゼント(2017年12月25日23:59までの限定特典)

▼iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1319131200?app=itunes&ls=1

▼Spotify
http://open.spotify.com/album/30iZpZ9nTFdd73O2pv7lSe

▼AWA
https://s.awa.fm/track/0d42e0926ea604691d13

◆Beverly オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報