黒木渚、長期休養中に書き下ろした小説『鉄塔おじさん』2月刊行

ツイート


ミュージシャンであり作家としての顔を持つ黒木渚が、2月6日に新作小説『鉄塔おじさん』を講談社より刊行する。

昨年2017年4月に小説『本性』で本格作家デビューした黒木。今作『鉄塔おじさん』は彼女が昨年喉の治療の為、長期休養中に書き下ろしたものである。町役場で窓口対応として働く公務員の女性が、ひょんなことから巻き込まれる騒動を期に自分と深く向き合い成長していく姿を描いた長編小説だという。

刊行にあたり、黒木からもコメントも寄せられている。

【黒木渚 コメント】

このたび3作目となる小説『鉄塔おじさん』を刊行いたします。
初めての長編小説として書きおろした今作の主人公は「神崎あたり」という町役場の新人職員です。
コントロールの効かない自我にふり回される彼女を救うのは正体不明の鉄塔おじさん!?
へんてこな逃避生活の末、あたりがみちびき出した結論を皆さん一緒に見守ってあげてください。

なお2月24日には、昭和女子大学人見記念講堂での一夜限りのワンマン・ライブ<〜幻想童話〜砂の城>を開催する。

【商品情報】

著者:黒木渚
タイトル:鉄塔おじさん
発売日:2018年2月6日(火)
出版社:講談社

黒木渚 ワンマン・ライブ<〜幻想童話〜砂の城>

2018年2月24日(土) 昭和女子大学人見記念講堂
開場/開演:16:00 / 17:00
チケット 全席指定:¥5,800-

◆黒木渚 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報