リタ・オラ、ポケモン実写版に出演

ツイート

ハリウッドで制作中の『名探偵ピカチュウ』の実写版映画に、リタ・オラが出演することが決まったそうだ。

◆リタ・オラ画像

『Hollywood Reporter』によると、彼女が演じるキャラクターはまだ明かされていないという。『Detective Pikachu(原題)』では、昨年終わり、ライアン・レイノルズがピカチュウを演じることが伝えられた。このほか、ジャスティン・スミス(ティム役)、キャスリン・ニュートン(ジャーナリストのルーシー役)、渡辺謙、スキ・ウォーターハウス、ビル・ナイらが出演。『シャーク・テイル』『ガリバー旅行記』『グースバンプス モンスターと秘密の書』などを手掛けたロブ・レターマンが監督する。

女優としても活動するオラは、『フィフティ・シェイズ』シリーズでの主人公クリスチャン・グレイの妹役が有名。今月アメリカやUKで公開された最新作『Fifty Shades Freed』では、ワン・ダイレクションのリアム・ペインとコラボし、テーマ・ソング「For You」も歌っている。





『Detective Pikachu』は2019年春の公開が予定されているそうだ。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報