【インタビュー】古澤 剛が味わった賞賛、葛藤、充実──「今できるすべてをみんなに聴いてもらおうと思っている」

twitterツイート


2016年9月にシングル「Color」でメジャーデビューを果たした翌年、2017年の古澤 剛はかつてない感情の起伏の真っただ中にいた。メジャーという華々しい舞台で浴びる光と、多くの賞賛。それとは裏腹に、自分はその期待に応えられているのだろうか?という葛藤と、新曲を作るために悩みもがく日々。シンガーソングライターとして、真っ白な未来に思い描く色を描き込んでゆくための、人知れぬ試行錯誤の日々の追想から、新たな物語は始まった。

◆古澤 剛 画像

  ◆  ◆  ◆

■ 悩むことを知った2017年

「2017年は感情の浮き沈みが激しくて、“このままでいいのかな?”と思い詰めた日もあれば、うれしいことがある日もあって、自分の内面と向き合う時間が長かったような気がします。2017年は「Color」を届けるためにいろんなところに歌いに行かせていただいて、それはすごく充実した活動だったんですよ。年始からニッポンハムグループさんがあの曲をCMに起用頂いたので、しっかり届けようという気持ちがあれば届くところには届くんだなという確信もありましたし。でもそうなると、自分の中に欲が出てくるんですよね。たとえば曲を書く時にタイアップのことを考えて作ってしまったりとか、周囲の期待に応えるために自分もそういうところまで考えてしまって、それが雑念となって、純粋に作品として作れなくなってしまった時期もあったんです。でも今はすごくフラットに戻っていますし、今となっては悩むのも必要なんだなって思うようになりました」

  ◆  ◆  ◆

2017年には他にも、古澤 剛の人間的な、そして音楽的な成長を促す様々な活動があった。たとえば、ライブストリーミングサービスのFRESH!内「古澤剛.Ch」での毎週月曜日の生配信。そして、敬愛するコブクロの小渕健太郎が監督をつとめるマラソンチームに所属してのマラソン。一つ一つが血となり肉となり、今の自分を作っていると彼は言う。

  ◆  ◆  ◆

「生配信は、毎週の日記のような感じになっていますね。“これがあるから1週間頑張れます”という声が耳に届くので、自分の歌を聴かせたいというよりも、月曜日にちょっと憂鬱になっている人たちの励みになればという、今はその動機だけでやっている気がします。もちろん僕も元気をもらっていますし、毎回すごく勉強になりますね。マラソンはフィジカル的にも整えられるし、ストレス発散になるし、頭が真っ白になっている時間が長いので、小渕さんいわく、走るようになってから曲作りがものすごくはかどるようになったらしいです。いわゆるランナーズハイの状態になると、走り終わったあとにダーッと曲が書けると聞いて、そうかなと思ったんですけど、僕はまだそこまで行けてないです(笑)。ただ、走ってる間はいらないことを考えないというのはすごくよくわかるし、精神的な影響はすごく大きいですね。マラソンのチームはみなさんそれぞれ大変な仕事を抱えながら走られているので、いつも前向きな気持ちをもらっていて、僕も頑張ることで前向きな気持ちを与えたいなと思ってます。あとは、それに伴って曲がいっぱい書ければ言うことないです(笑)」

  ◆  ◆  ◆

そんな2017年の活動の中で、最大のポイントを一つ上げるならばやはりこれだろう。9月10日、東京・マウントレーニアホール渋谷でのワンマンライブ。メジャーデビューから1年の節目に行われた初のホールライブは、本人もまったく考えていなかったという小渕健太郎のサプライズ参加により、誰もが忘れられぬ特別な一夜になった。今だから明かせるその舞台裏を、古澤 剛自身の口から語ってもらおう。

  ◆  ◆  ◆

「ホールでのワンマンライブは一つの目標でもあったので、ライブ制作の方から“やってみますか?”という提案があった時に“もちろんです”と即答しました。もちろん不安はありましたけど、そこで何を伝えるかに集中して、興行的に成功するかどうかは完全に自分の中で考えないようにして、来てくれた人に最高の時間を過ごしてもらうことだけを考えようと、最初からそういうふうに思っていました。そんなある日、ライブから1か月半ぐらい前ですかね。小渕さんと一緒に食事をした時に、これまでスタンディングのライブハウスでは“来てください”とは言いづらかったんですけど、ホールならゆっくり観てもらえるし、“ぜひ来て頂きたいのですが、その日あいていらっしゃいますか?”と言ったら、その場でスマホを見て“あいてるよ。もちろん行くけど、タケちゃん、俺出てもいい?”って言って頂いたんですね。実は僕、いずれ小渕さんとは絶対に共演させて頂きたいと思っていたんですけど、それは日本武道館でやりたいと昔から思っていたんですよ。だから正直に“すごくうれしいですけど、武道館まで取っておきたいんですよ”と言ったら、“いやいや、この人数の中でやるからいいんじゃない。来てくれた人たちに最高のプレゼントをしようよ”と言ってくれて、その押しに負けたというか(笑)。小渕さんの気持ちに押されて、出て頂くことになりました」

  ◆  ◆  ◆

しかも、話はそこだけでは終わらない。出て頂くだけでもありがたいと興奮気味の彼に向かって、小渕健太郎は少年のようにはしゃいだ声でこう言ったという。「二人で曲を作ろうよ。楽しいじゃん!」と。

  ◆  ◆  ◆

「“せっかくだから、この日のライブに来てくれた人だけに聴いてもらえる曲を二人で作ろうよ”って、凄く無邪気におっしゃるんですよ。それがまさに小渕さんという方で、いつも前向きでポジティブな言い方をして頂くので、こっちもすごいワクワクしちゃって、作りましょう!ってなったんですね。当初は1曲の予定で、その後に食事をした時に“今度作る曲だけどさ、いつも剛が持ってくるギターは剛と兄弟みたいだから、ギターと剛の関係と、俺と剛の関係を言い表した「ブラザー」みたいな曲を作ろうよ”という感じで最初に言われて、それがあの日のステージで歌った「Hey Brother」になったんですね。結局その後に「天の川」ができるわけですけど、それは全然作る予定もなく、「Hey Brother」が早く出来上がっちゃったからもう1曲作ろう!ということだったんですよ。曲作りの部屋でおにぎりとか食べながら、小渕さんが今度はバラードみたいな伴奏を爪弾きはじめて、“こんなメロディどう?”って、もう始まっちゃってたんですよね。それが結局「天の川」という曲になったんですけど、最初は小渕さんがゲストで出ることも、曲を作ることも、それがまさか2曲になることも、全然予期していなかったことで、本当に喜びがすごかったですね」

  ◆  ◆  ◆

当日のライブの盛り上がりについては、こちらの記事を参照してほしい。本編の終了間際に二人で歌われた「Hey Brother」と「天の川」、そして「仲間だろ」の3曲は、まさに小渕が提案した通りに“この日のライブに来てくれた人だけに”贈られた、特別なプレゼントになった。小渕の出演が事前に発表されていなかったことも盛り上がりの大きな一因だが、そこには古澤自身の明確な意図があった。

  ◆  ◆  ◆

「この日のお客さんのためだけのプレゼントをさらに喜んでもらうためには、サプライズにして、ライブの終盤で突然出てきてもらったほうが絶対びっくりするだろうなと思って、あの時間にしました。あの瞬間は忘れられないですね。でも僕としては、それだけがライブの印象として残ってほしくないと思っていたんですよ。もちろんすごいサプライズで、みんな喜んでくれることはわかっていたんですけど、ライブの始まりから最後まで、一つの作品として持って帰ってほしいという気持ちが強かったですし、小渕さんが出るタイミングも自分で考えました。それまでの流れも考えて、すべてにおいてしっかりやり切れたなというのが、ワンマンについての自分の感想ですね。すべて出し切ったなと思います」

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon