新人アーティストTOP10【2017年をBARKSニュースで振り返る】

twitterツイート


いつの時代も、新しい音楽の登場には胸がときめくもの。ということで、2017年にBARKSでご紹介したフレッシュな輝きの数々を、今一度振り返っていこう。

◆【2017年をBARKSニュースで振り返る】新人アーティストTOP1〜30ランキング

1位に輝いたのは、2016年9月にシングル「Color」で念願のメジャーデビューを果たした遅咲きのシンガーソングライター・古澤剛に迫ったインタビュー記事だ。コブクロ小渕や安田顕との運命的な出会いをするなど、まさに“数奇な人生”を歩む彼に宿る魅力、そしてその歌の真髄について話を訊いた興味深いテキストである。つい最近も、2018年ニッポンハムグループ新企業CMソングに古澤が歌う「キミノチカラ」が決定したというニュースが舞い込んできたばかりで、引き続き注目したい人物。


そして、今回のランキングトップ30になんと関連記事が9つもランクインしたのがTWICEだ。BARKSでは6月にリリースされたJAPAN DEBUT BEST ALBUM『#TWICE』の際のインタビューや、7月に開催された初の日本単独公演<TWICE DEBUT SHOWCASE “Touchdown in JAPAN”>のレポートでもその魅力をたっぷりとお伝えしているように、絶大な人気を誇るアジア最強ガールズグループである彼女たちは、まもなく『第68回 NHK紅白歌合戦』への初出演も控えている。パフォーマンスに期待大。


4位には、高校時代からYouTubeやTwitterなどで歌を投稿するようになり、12月20日に初のCDソロアルバム『On Your Mark』をリリースした“みやかわくん”が実施した初のワンマンライブ<secret blue>(12月21日(木)@Zepp DiverCity Tokyo)に関する記事がランクイン。ネットでの動画配信や作品はもちろん、ライブのコンセプトから音楽の内容に至るまでそのほとんどを自身でプロデュースしているという彼の才能が、2018年にさらにどう輝くのか、楽しみにしたいところだ。

6位には、菅田将暉によるCDデビュー作「見たこともない景色」発売決定の記事が輝いた。役者としては言わずもがなの大活躍を見せているが、8月には菅田が初めて作詞に参加したラブソング「呼吸」(8月30日発売)をテレビ朝日系『ミュージックステーション』にて披露、さらに2018年2月には初のライブツアーも実施するなど、音楽活動の充実っぷりもすさまじい。


一方で、話題を呼んだ波瑠主演のTBSドラマ『あなたのことはそれほど』の主題歌に異例の大抜擢され、同書き下ろしシングル「CQCQ(シーキュー、シーキュー)」で5月にメジャーデビューしたバンド“神様、僕は気づいてしまった”の快進撃も印象深いだろう。初ライブはサマソニというのも、特筆すべきポイントだ。同じバンド括りでいうと、WANIMA、BAND-MAIDらの記事も今回のトップ30にランクインしている。


また、TWICEと共にアジアの女性グループとして2017年に強くアピールしたのがBLACKPINKで、“次世代ガールクラッシュ”グループとして人気を博している。こうした韓国発のアーティストのワールドワイドな盛り上がりを先導するのは、なんと言ってもBTS(防弾少年団)。次々とヒットソングを世に放ち、一糸乱れぬダンスパフォーマンス、その端正な出で立ちなどあらゆる角度から評価されている彼らの動向は、2018年も引き続き抑えていきたいところ。



  ◆  ◆  ◆

もちろん2018年もBARKSは、音楽界の新しい息吹を積極的にキャッチしていく。ぜひ、共に楽しんで欲しい。

文=BARKS編集部(さ)

■BARKS 新人アーティスト・ニュースTOP30

1位 【インタビュー】あのCMで歌う古澤剛、数奇な人生を明かす。コブクロ小渕や安田顕との運命的な出会い
2位 TWICE、日本初のオリジナル曲となるSG「One More Time」発売決定
3位 本日Mステ初出演のTWICE、「TT」リハーサルの模様を公開
4位 みやかわくん、初ワンマンでZepp DiverCity熱狂「僕の夢が叶う瞬間をみんなと一緒に」
5位 【速報】TWICE、日本初の単独公演を開催「夢のよう!」
6位 菅田将暉、ソロデビューを発表
7位 au 三太郎シリーズCM『やってみよう』篇 楽曲は、WANIMA
8位 【インタビュー】遂に日本デビューした最強ガールズグループTWICEの魅力とは?「“みんな同じ”じゃなくて“それぞれ違う”」
9位 WANIMA、CM初出演。松本人志の『タウンワーク』CMで戸惑いの新曲セッション
10位 さユり、新曲がモード学園新CMソングに
11位 【インタビュー】“神様、僕は気づいてしまった”が1stミニALで形にしたバンドのコンセプトとは? そして東野へいとが抱く“生きづらさ”
12位 リトグリ、2ndアルバム『Joyful Monster』に“リトグリ号”登場
13位 みやかわくん、自身初のソロアルバム決定。公式サイトも開設
14位 HoneyWorks、豪華声優陣によるキャラソンCD登場
15位 2017年に絶対大ブレイクする音楽・エンタメ情報を分析
16位 TWICE、日本初の単独公演は7/2@東京体育館+FC遂にオープン
17位 【インタビュー】島爺「この1枚で歌い手としての人生が急降下しても、悔いのないように」
18位 【インタビュー】超特急、脳みそも体もフル回転で臨んだ初の日本武道館ライブ
19位 たつひ(ex.ZORO)、新ユニット「RUMCAT」結成 。初ライブで龍寺(WHITEHEAD/ex.ZORO)と共演
20位 【インタビュー】BAND-MAID、「強さの中の不安や弱さ」見せる意欲作『Just Bring It』完成
21位 BLACKPINK、5ヶ月振りに日本でライブ
22位 【詳細レポ】TWICEはやっぱり最高だった── 初の日本単独公演で、「これからも感動をプレゼントします!」
23位 TWICE、「Like OOH-AHH」日本語ver.レコーディング映像公開
24位 “神様、僕は気づいてしまった”、波瑠・東出昌大出演ドラマ主題歌に異例の大抜擢
25位 超特急主催<超フェス>最終日はゴールデンボンバーとカオス対決「ハッピーエンドで終われたと思います」
26位 “神様、僕は気づいてしまった”初ライブとして<サマソニ'17>出演決定
27位 【インタビュー】LOVEBITES、ヘヴィメタルのエッセンスを凝縮し超絶技巧満載の1stフル・アルバム『AWAKENING FROM ABYSS』
28位 TWICE、日本で初のオリジナル曲「One More Time」MV解禁
29位 2016年を牽引する、先鋭の新人18アーティストをチェックせよ
30位 【インタビュー】世界が認めるピアニスト反田恭平「僕は基本的に適当な人間ですが、ピアノの演奏だけは別」

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報