全英シングル・チャート、リル・ディッキー&クリス・ブラウンが1位

ツイート

今週のUKシングル・チャートは、アメリカ人のコメディアン/ラッパー、リル・ディッキーがクリス・ブラウンとコラボした「Freaky Friday」が、先週の5位から上昇し、トップ40入りしてから3週目にして1位に輝いた。

◆「Freaky Friday」画像、ミュージック・ビデオ

先週トップだったルディメンタルの「These Days」は2位に後退。映画『The Greatest Showman(グレイテスト・ショーマン)』のテーマ・ソング「This Is Me」が8位から3位に再浮上した。

今週新たにトップ10入りしたのは1曲のみ。3月終わりにEP『My Dear Melancholy』を緊急リリースしたザ・ウィークエンドの『Call Out My Name』が7位にチャート・インしている。



アルバム・チャートは、11週連続で1位をキープした後、先週2位に後退した『The Greatest Showman(グレイテスト・ショーマン)』のサウンドトラックがまたもや再浮上し、1位を獲得。これで非連続12週目の全英No.1となった。

先週1位に初登場したジョージ・エズラのセカンド『Staying At Tamara's』は2位に後退したが、この作品のリリース/ヒットにより、デビュー作『Wanted On Voyage』(2014年)も再注目され、今週10位に再エントリーしている。

3位にはザ・ウィークエンドの新EP『My Dear Melancholy』が初登場。今週はこのほか、ザ・ヴァクシーンズの4枚目のスタジオ・アルバム『Combat Sports』(4位)、アメリカのカントリー歌手、ケイシー・マスグレイヴスの新作『Golden Hour』(6位)が新たにトップ10入りしている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス