Chris Brownの最新情報は音楽総合サイトBARKSで!1989年5月5日生まれ、ヴァージニア州タッパハノック出身。影響を受けたシンガーは、マイケル・ジャクソン、サム・クック、ダニー・ハザウェイなど。 11歳でプロのシンガーを志し、13歳のときに地元のプロ…

  • the peggies
  • Dave Grohl
  • JH Audio
  • スピッツ
  • JOIN ALIVE
  • OneRepublic
  • まらしぃ
  • Foster The People
  • Prince
  • ぼくのりりっくのぼうよみ
  • 井上実優
  • EXILE
  • Bruce Langhorne
  • SKE48
  • KREVA
  • ゲスの極み乙女。
  • Chuck Berry
  • Cornelius
  • 情熱大陸フェス
  • 米津玄師
  • 乃木坂46
  • Whitesnake
  • The Doobie Brothers
  • 清春
  • L'Arc-en-Ciel
  • SALU
  • KISS

Chris Brown:ニュース・最新情報

NEWS

Chris Brown:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

1989年5月5日生まれ、ヴァージニア州タッパハノック出身。影響を受けたシンガーは、マイケル・ジャクソン、サム・クック、ダニー・ハザウェイなど。

11歳でプロのシンガーを志し、13歳のときに地元のプロダクションに実力を認められてニューヨークに移住。地道にレコーディング作業を繰り返すなか、2004年に晴れてジャイヴとの契約を勝ち取った。翌2005年8月にはシングル「Run It!」を引っさげて華々しくデビュー。同曲をいきなり全米チャートの首位に送り込むと、11月にはたたみかけるようにファースト・アルバム『Chris Brown』を発表。「Yo (Excuse Me Miss)」「Gimme That」「Say Goodbye」「Poppin'」など、すべてのシングルをR&Bチャートのトップ5圏内にランクさせる快挙を成し遂げた。

その後、映画『ストンプ・ザ・ヤード』や『This Christmas』(日本未公開)での銀幕進出を経て、2007年11月には満を持してのセカンド・アルバム『Exclusive』をリリース。「Kiss Kiss」(全米1位)と「With You」(2位)のビッグ・ヒットが追い風になって、アルバムのトータル・セールスは2作連続で300万枚を突破した。この勢いはとどまるところを知らず、2008年6月には新曲を加えたセカンド・アルバムの新装デラックス版『Evolution: Forever Edition』を発表。ここからも「Forever」(2位)がプラチナム・ディスクに輝いている。

2009年12月リリースのサード・アルバム『Graffiti』からも「I Can Transform Ya」(R&Bチャート11位)のスマッシュ・ヒットを放って安定した人気ぶりを誇示すると、2010年に入ってからはミックステープ・シーンに本格参入。『In My Zone』(2月)、『Fan of a Fan』(5月)、『In My Zone 2』(11月)と、1年を通じてフリーダウンロードのミックステープを3タイトルもリリースするという精力的/先鋭的な活動を展開した結果、『Fan of a Fan』からは「Deuces」(R&Bチャート1位)と「No Bullshit」(同3位)のヒット・シングルを輩出。R&Bチャートを実に9週にわたって制した「Deuces」にいたってはカニエ・ウェストやアンドレ3000(アウトキャスト)、T.I.、ドレイク、リック・ロス、ファボラスら錚々たるラッパーをフィーチャーしたリミックス・ヴァージョンも制作され、2010年を代表するR&Bシングルとして高い評価を獲得している。

満を持してリリースしたキャリア4作目のアルバム『F.A.M.E.』が自身初となる全米1位を獲得、第54回グラミー賞では「最優秀R&Bアルバム」を受賞し、完全復活を遂げた。

Chris Brown:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET

Chris Brown:プレゼント

PRESENT