ロックの殿堂、トム・ペティとクリス・コーネルを追悼

twitterツイート

土曜日(4月14日)アメリカで開かれたロックの殿堂のセレモニーで、昨年亡くなったトム・ペティとクリス・コーネルを追悼するパフォーマンスが行なわれた。

◆追悼パフォーマンス画像

今年の式典は、ロックの殿堂の最高経営責任者グレッグ・ハリスの挨拶の後、ザ・キラーズによるトム・ペティへの追悼パフォーマンスで幕を開いたという。ザ・キラーズは、2002年に殿堂入りしたトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの「American Girl」をプレイした。





また、セレモニー半ばでは、コーネルを追悼し、ハートのアン・ウィルソンとアリス・イン・チェインズのジェリー・カントレルによりサウンドガーデンの「Black Hole Sun」がプレイされた。

『Alternative Nation』によると、カントレルは式典前、「クリスは長年の友人で、素晴らしいアーティストだった。僕は常に彼の勤労モラルや才能にインスパイアされていた。サウンドガーデンは大きなインスピレーションだった。(コーネルの死は)すごく悲しくて、いまでも個人的にはどう話したらいいかわからない」「アンは友人のために何かしようと考えて、僕を誘ってきたんだ。彼女の誘いには必ず乗る。クリスのためなら尚更だ」と、話していたそうだ。

また、ウィルソンとカントレルのパフォーマンス前にもうけられた"In Memoriam"のコーナーでは、リンキン・パークのチェスター・ベニントンやAC/DCのマルコム・ヤングらも追悼されたという。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報