アカシア・ボディにエボニーのロゼッタ、コアロハウクレレから新シリーズ「Rosette Acacia Series」

ツイート

アカシア材のボディにエボニーのロゼッタを施した新シリーズ「KoAloha Rosette Acacia Series」がKoAloha Ukulele(コアロハウクレレ)から登場。ソプラノ、コンサート、テナーの3サイズがラインナップされる。

「KoAloha Rosette Acacia Series」は、タイのOpio工場で作られたアカシアのボディ・マテリアルを採用した新シリーズ。KoAlohaの特徴であるオムスビ型サウンドホールには、エボニーのロゼッタを施し、これまでのモデルとは異なるイメージに仕上げている。

単板アカシア・ボディにマホガニーのネックを組み合わせ。さまざまなスタイルに適したサウンドを奏でるウクレレとなっている。なお、アカシアはフレットボードやエボニーのブリッジのアクセントとしても採用。フレットボード・マーカーはヘッドと同じクラウン(王冠)・シェイプ。3モデルともギグバッグが付属する。

製品情報

◆KSR-10AC Soprano
価格:108,000円(税別)
◆KCR-10AC Concert
価格:130,000円(税別)
◆KTR-10AC Tenor
価格:153,000円(税別)
この記事をツイート

この記事の関連情報