婚約者と公の場で泣いていたジャスティン・ビーバー、結婚の指南書を持ち歩く

twitterツイート

先月、モデルのヘイリー・ボールドウィンと婚約したジャスティン・ビーバーは、結婚について解説した本を読んでいる最中らしい。

◆ジャスティン・ビーバー&ヘイリー・ボールドウィン画像

ジャスティンは火曜日(8月7日)、ヘイリーとNY市内でサイクリングを楽しんでいた途中、公園のベンチに座り込み、涙を流し、彼女から慰められている姿が目撃/パパラッチされた。『TMZ』によると、2人はその後、カフェに立ち寄り、今度はヘイリーが泣き出し、ジャスティンが慰めるという場面が見られたという。

しかし翌日、ヘイリーのアパートメントから出てきたジャスティンは、待ち構えていたファンを前に踊ってみせたり、言葉を交わすなど、前日とは打って変わりご機嫌なムード。その場にいた『TMZ』から泣いていた理由を問われると、「これだ」と手にしていた本をカメラに向かいかざした。

それは、ティモシー・ケラー著の『The Meaning Of Marriage(結婚の意味 わかりあえない2人のために)』だった。そして、笑顔で「いい日もあれば悪い日もある。悪い日がなかったらリアルじゃない」と話し、車に乗り込んだという。



同著は、クリスチャンの観点から結婚の意味について説いている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報