【インタビュー】ファンキー加藤、柔らかみのある力強さでリスナーの背中を押す新シングル「希望のWooh」

twitterツイート

9月26日にリリースされるファンキー加藤のニュー・シングル「希望のWooh」は、彼の真骨頂といえる“応援ソング”となった。同曲は、彼がここ最近の活動を通して肌で感じたことを反映させただけあって強い説得力に満ちていて、柔らかみのある力強さでリスナーの背中を押すことも魅力といえる。新たな顔を見せたカップリング2曲も含めて必聴といえる意欲作を完成させたファンキー加藤に、じっくりと話を聞いた。

■ネガティブな感情や弱ってしまった心に寄り添える曲を作りたい
■そういう思いのもとに作ったのが「希望のWooh」です


――3月から“超原点回帰”と銘打って、ショッピングモールなどでの開催も含めたフリーライブ・ツアーを、ずっと行っているそうですね。

ファンキー加藤:僕の中には、沢山の人に自分の音楽を聴いてもらいたいという思いが常にあるんです。そういう中で、今年の3月に『今日の詩』というアルバムをリリースして、ひと通りプロモーションをさせてもらったんですけど、自分の音楽をちゃんと理解してもらうにはやっぱりライブが一番いいなと思うんですよ。それで、FUNKY MONKEY BABYSの初期の頃にやっていた、ショッピングモールとかも含めたフリーライブを全国各地でやることにしました。FUNKY MONKEY BABYSの初期は歌う場所がなかったので自分たちで作ろうという活動をずっとしていたんです。それに、僕がソロ・デビューするタイミングでも“原点回帰”と銘打って、フリーライブ・ツアーをしたんです。そういう背景があったので、今一度いろんな場所でフリーライブができたらいいなと思ったんです。歌える場所があるなら、どんな場所でも歌っていきたいという思いは昔からずっとあるから。

――キャリアを積んでいるアーティストでいながら、意欲的にこういう活動をされているというのは素晴らしいです。

ファンキー加藤:いやいや(笑)。特にソロになってからはフットワークが軽くいけるというのがあって。ソロの場合は地方に行くにしても交通費や宿泊費といった経費を、グッと抑えることができる。今回はスタッフさんも最少人数で各地に行っているんです。それに、フリーライブ・ツアーという形だと、普段はなかなか行けない場所とかにも行ける利点もあるし。今まではどうしても大都市中心のライブが多かったので、他の街に住んでいるファンの皆さんには遠出して来て頂いていたと思うんですよ。だから、今度は僕が皆さんの街にいきたいという気持ちがありました。

――その言葉が本心であることは、フリーライブ・ツアーの日程を見るとわかります。本当に、いろいろなところに行かれていますね。

ファンキー加藤:ここまで毎週末ライブをしているのは、初めてかもしれない。大変な面もあるけど、今回のフリーライブ・ツアーはやって良かったと思っています。フリーライブというのは、本当に皆さんが気楽に来てくれるんですよ。ファンキー加藤を応援してくれている人はもちろん、買い物の途中で立ち止まって見てくれる人とかも大勢いらっしゃって。普段だったらなかなかライブ会場には来られないような人たち……すごく小さい子どもとか、おじいちゃん、おばあちゃんも聴いてくれるんです。そういう人たちも含めて、本当に幅広い人に自分の音楽を聴いてほしいという強い思いが僕の中にはあるので、毎回すごく生き生きと歌えていると思います。

――加藤さんが何者かをまったく知らなくて、純粋にいい歌を歌う人だなと思って惹かれる方も沢山いらっしゃるでしょうね。

ファンキー加藤:そういう人がライブ後にやっている握手会に並んでくれて、「あなたのことは全然知らなかったけど、すごくいい歌ですね」と言ってくれたりするんです。それが、最高に嬉しいですね。それに、そういう“はじめまして”もあれば、逆にめっちゃ久々の再会もあったりするんですよ。それこそ10年くらい前にFUNKY MONKEY BABYSの握手会に並んでいたけど、その後仕事だったり、育児だったりでライブから遠のいてしまっている人が来てくれるんです。「久しぶりじゃん!」と言って。「お互い、歳とったね」みたいなことを言いあえるという(笑)。各地でそういう嬉しい再会があったという意味でも、このタイミングでフリーライブをやって良かったと思う。僕にとっては周りがどんな目で自分を見るかということよりも、目の前にある本物の笑顔が絶対的に大事だから。今回のフリーライブ・ツアーは嬉しい出来事や幸せな瞬間が本当に多いです。


▲「希望のWooh」【初回限定盤】


▲「希望のWooh」【通常盤】

――9月26日にリリースされるニュー・シングル「希望のWooh」について話しましょう。本作の制作に入る前は、どんなことを考えていましたか?

ファンキー加藤:タイトル曲の「希望のWooh」は、“超原点回帰”で全国をまわっている中で生まれてきた曲です。ライブ後の握手会で、ファンの皆さんが悩みや不安を涙ながらに打ち明けてくれるんです。だけど、時間の制限があるからそこで満足いくまで話し合うことはどうしてもできなくて、「応援してるよ。がんばって」という言葉で見送ることが多い。そういうことが各地でありつつ全国をまわる中で、ファンの皆さんがファンキー加藤に求めているもの、望んでいるものはなんだろうなと考えたときに、自分は応援ソングというものを中心軸として据えてきたというのがあって。ゆえにみんな悩みを相談したり、不安を打ち明けてくれるんだろうなと思ったんです。だから、ネガティブな感情とか、ちょっとだけ弱ってしまった心に寄り添える曲を、今一度作ろうと思って。そういう思いのもとに作ったのが「希望のWooh」です。

――心地好く気持ちを上げてくれる曲に仕上がっています。それに、ビート・チェンジやメリハリを効かせた緻密なアレンジが奏功して、ただ単にアッパーな曲で終わっていないこともポイントといえますね。

ファンキー加藤:その辺りに関しては、ずっと毎週末のようにステージに立っていたので、いつも以上にライブ映えということを意識した気がしますね。曲を作っているときに、すごくイメージしやすかったんです。自分がステージに立って歌っている画だったり、歌っている言葉がちゃんとお客さんのほうを向いていることが想像できた。だから、結構緻密に作りました。たとえば、人間がジャンプするにはどれくらいのBPM(楽曲のテンポ)が最適だろうと思って、実際に試してみたんですよ。事務所のスタッフさんや事務所の社長とスタジオに入って、「じゃあ、まずはBPM=120くらいからやってみましょう」と言って、全員で跳んでみて。で、「ちょっと遅いっスね。じゃあ、今度は“125”でいきましょう」みたいな(笑)。だから、「希望のWooh」は人間が跳び続けるのに最適なBPMになっているんです。それは間違いない。だって、検証済みですから(笑)。

――応援ソングにふさわしく、“自分を諦めずに、前を向いて進め”と歌っている歌詞も注目です。

ファンキー加藤:歌詞は今回早かった。届けたい人が明確にいたので、迷ったりすることはなかったです。それに、サビはメロディーが言葉を運んできてくれた部分があって。最初の“超えろ 超えろ”というリフレインや“希望のWooh oh”というところは、メロディーを聴いたときに自然と出てきたんです。一緒に曲を作っているサトシ(BUZZ THE BEARS)はうちの事務所に所属しているバンドのメンバーなんですけど、天才的メロディーメーカーなんですよ。彼が良いメロディーを生んでくれるから、そこに対して良い言葉が生まれやすいというのがあって。マー君(ヤンキース田中将大投手)の入場曲「吼えろ」も彼と一緒に作ったんですけど、すごく息が合うんですよね。


――たしかに、メロディーに対する言葉のハマりの良さも「希望のWooh」の魅力になっています。「希望のWooh」のMVは、もう撮られたのでしょうか?

ファンキー加藤:撮りました。今回のMVは、ちょっと小さなホールを借りて、いわゆる1カット撮影というのをやったんです。最初は誰もいないホールで僕が歌うんですよ。で、カメラマンさんが歌っている僕のまわりをグルッと1周したら、ステージにストリングス・カルテットが登場して、田中隼人氏がピアノを弾いていて…というふうに人数が増えていく。で、スタッフさんが急にダンスを始めたりして、最終的には客席にお客さんがいっぱいいるという流れを、1カットで撮ったんです。MVについてみんなで話し合いをしたんですけど、なかなかMVのいいアイディアが浮かばなくて。それで、若くて、最近面白いものを作っている加藤マニさんという監督さんがいらっしゃると聞いたので、一度アイディアを聞いてみようかということになりました。同じ苗字ということもあったし、(笑)。そしたら、1カット撮影というアイディアを出してくださったんです。それに、燕尾服を着てほしいですと言われました。とにかく映像の中に違和感をいっぱい出したいということで、僕は指揮者みたいな服装で熱唱するという。加藤マニさんに撮っていただいたことで面白い映像作品になったので、ぜひMVも見てほしいですね。

――MVも必見といえますね。それに、「希望のWooh」は、テレビ朝日系『ワールドプロレスリング』8・9月ファイティング・ミュージックに決まりました。

ファンキー加藤:僕はプロレスファンなので、その話が決まったときは本当に嬉しかったです。スタッフさんからLINEでその情報が届いたんですけど、あまりにも感動し過ぎて、“ありがとう”しか返信できなかった。本当に感動したときは言葉にならないということを、改めて感じましたね。それくらい嬉しかったし、僕はずっとプロレスを応援し続けてきて、今度は自分がプロレスに応援されたような気がしたんです。すごく、ありがたいことだと思いました。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報