デイヴ・グロール、<Cal Jam>でのニルヴァーナ・リユニオンに「エモーショナルの波」

twitterツイート

デイヴ・グロールが、今月6日、フー・ファイターズが米カリフォルニアで開いたフェスティバル<Cal Jam>で、クリス・ノヴォセリックとパット・スメアと共に、ジョーン・ジェット、Deer TickのJohn J McCauleyを迎えニルヴァーナの曲をパフォーマンスしたときのことについて感想を述べた。

◆<Cal Jam>画像

グロールはUKの音楽誌『Kerrang!』のインタビューでこう話した。「あのコーラスを満たしたり割り込んでいくドラムをプレイできるのは……、スピリチュアルでフィジカルでエモーショナルだ」

「僕ら、お互いを見合い、微笑んでた。でも、感情は波のように押し寄せていたよ。なぜなら、誰かが欠けていたからね。あれらの曲を今でもカートと共有できたらって思う」

グロール、ノヴォセリック、スメア、ジェット、McCauleyは、ヘッドライナーだったフー・ファイターズのセット終了後、ニルヴァーナの「Serve The Servants」「Scentless Apprentice」「In Bloom」「Breed」「Smells Like Teen Sprit」「All Apologies」の6曲をプレイした。


グロールはまた、この日、ノヴォセリックのバンドGiants In The Treesのパフォーマンスにもゲスト出演していた。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報