ギブソンの名器の展示やライヴが楽しめる期間限定の「Gibson Bar」がブルーノート・ジャパン直営のダイニング・バーLady Blueに出現

ツイート

ブルーノート・ジャパン直営のカフェ/ダイニング/バーLady Blue(レディ・ブルー)に、ギブソンとのコラボレーションによる「Gibson Bar」が出現。8月9日~8月17日の期間限定で展開する。

「Gibson Bar」は、Lady Blueで8月14日(土)に開催されるイベント<LARRY CARLTON“VIP Meet & Greet / Guitar Clinic” supported by Gibson>と連動して開催。同イベントでは、偉大なるギター・ヒーロー、ラリー・カールトンのQ&Aセッション&デモンストレーション、フォトセッションを含む豪華ミート&グリート/ギタークリニックが開催される。

このイベント前後の8月9日~8月17日に開催される「Gibson Bar」のバーエリアには、ギブソンの名器を展示。「Mr.335」の異名を持つほどのGibson ES-335の名手ラリー・カールトンや、ラリーとの共作でも知られるB’z の松本孝弘などの貴重なモデルをはじめ、ジャズ、ソウル、AOR などの音楽史の中で重要な役割を担ってきたES-335やLes Paulを中心に展示する。

展示モデルに関連する珠玉の名盤をBGMに、展示とお酒をゆっくりと楽しめる他、ダイニングエリアではギブソンを愛用するミュージシャンによる豪華ライヴが連日繰り広げられる。出演は、kubota(JiLL-Decoy association)、小沼ようすけ、NICK WATERHOUSE、TAKU(韻シスト)&山岸竜之介など。

ライヴ出演者情報や飲食企画など、最新の情報はイベントサイトでチェックできる。「Gibson Bar」でギブソンとミュージシャンが紡ぐ歴史と世界観を存分に体感しよう。

Gibson Bar

開催期間:2019年8月9日(金)~8月17日(土) 17:00~23:00
※土曜は22:00 Close / 8月11日(日)~8月12日(月)は店舗休業日

■Gibson ギター展示
「時代を創ったサウンド~名手が奏でたギブソンの名器たち」をテーマにバーエリアにて約10点展示予定
・Gibson 1962 ES-335 VOS Vintage Burst
・Gibson Custom Shop TAK MATSUMOTO 1959 Les Paul Prototype - Signed by Tak Matsumoto
・Gibson Custom Shop TAK MATSUMOTO DC Standard Gold Aged - Signed by Tak Matsumoto
・Gibson ES-275 Faded Cherry -Signed by Yosuke Onuma 他

■ライブ情報
8.10 sat. kubota(JiLL-Decoy association)(入場無料)
8.13 tue. 小沼ようすけ“ solo”(入場無料)
8.14 wed. LARRY CARLTON “VIP Meet & Greet / Guitar Clinic” supported by Gibson (入場料\12,500)
8.15 thu. NICK WATERHOUSE “ solo”(入場無料)
8.16 fri. TAKU(韻シスト)&山岸竜之介(入場無料)
8.17 sat. G’ CLUB TOKYO x jazzLife “Jazz Guitar Contest 2019”sponsored by Gibson 受賞者(入場無料)

■会場
Lady Blue(レディ・ブルー)
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイス1F
東京メトロ大手町駅 A5出口(徒歩1分)、JR東京駅 丸の内北口(徒歩7分)
予約/問合せ : 03-3278-8808

企画:BLUE NOTE JAPAN
協力:Gibson Guitar Corporation Japan
この記事をツイート

この記事の関連情報