HISTORYから高級銘木を使用した25周年記念モデル登場、エレキギター、ベース全5アイテム

ツイート

島村楽器のギターブランド「HISTORY(ヒストリー)」から、25周年を記念した限定モデルが登場。高級銘木を使用した5アイテムが7月26日に発売される。

1994年から多くのギタリスト、ベーシストに支持されてきたギターブランド、HISTORY。25周年記念限定モデルは、通常は一点物の楽器に使用されるレベルの良質な高級銘木を惜しみなく使用し、天然杢そのものの美しさを最大限に押し出した。国産品ならではの丁寧なつくりで、その素材の希少性からプレミアム感も備え、四半世紀にわたって進化を遂げてきたHISTORYの節目を飾るにふさわしいハイエンドなモデルとなっている。ラインナップはエレキギター3アイテム、エレキベース2アイテム。各12本での販売となる。

エレキギター3モデルは、フレットを円弧状に打つことで、ナットから最終フレットまでの長さがすべての弦で同一なシングル・スケールを実現した「サークル・フレッティング・システム」を搭載。正確なピッチ感やクリアな響き、豊かなサスティーンなどが得られる。また「HG-SE/25th」、「HG-TE/25th」には音楽的な表現力が豊かなヘリテイジウッド・ハードメイプルをネックに採用した。ヘリテイジウッド・ハードメイプルは、リアルヴィンテージ材とも呼ばれる木材。環境の厳しい原生林で育った年輪が細かく密度の高い原木が、北米大陸の開拓時代(18世紀中頃から19世紀初頭)に伐採された。運搬や貯木の際にその一部が水底に沈み、長い年月が経過。その間に導管内の不純物をバクテリアが食べ尽したことで、倍音豊かなトーンウッドとして熟成。木目が詰まっていることで反りやくるいも出にくくギター製作には理想的で、大自然と時間が育んだ奇跡の木材と言われている。

●HG-LS/25th

黒い縞模様が入ったスポルテッドメイプルをボディトップに用いたモデル。ボディバックとネックには貴重なホンジュラスマホガニーを採用。この材ならではの艶やかで膨らみのある中音域が魅力。出力を抑えたオリジナルピックアップは繊細かつ表現力豊かにピッキングニュアンスを再現する。

●HG-SE/25th

2点支持シンクロ&ロック式ペグ、コイルタップ機能を持たせたSSHレイアウトのピックアップなどを備えた多機能モデル。白色・黒色・茶褐色など斑模様が個性的な表情を見せるバックアイバールの木目を生かしたナチュラル仕上げが特徴だ。アッシュボディらしいレンジの広いサウンドが特徴で、ややスリムなボディシェイプにより扱いやすさも優れている。

●HG-TE/25th

細かく波打つ木目のハートメイプルをボディ表面にあしらったモデル。シングルコイルらしいキレのあるカッティングは、ふくよかな膨らみを持ちながらもレスポンスに優れ、演奏者に高揚感を与えるサウンド。ボディバックのライトアッシュ材により抜けの良い明瞭なトーンが心地よい。

●HG-B4/25th
●HG-B5/25th

「HG-B4/25th」と「HG-B5/25th」は、共通スペックによる4弦、5弦のエレキベース。ボディトップにはバストゥーン(バストン)ウォルナット材を用いており、この独特な深みと重厚感を生かすよう半艶のナチュラル仕上げにしている。ボディバックにはトーンレンジが広くレスポンスに優れるアッシュ材を採用。ネック材には豊かな倍音成分をもつヘリテイジウッド・ハードメイプルを採用した。5弦モデルにはチタン製のサポートバーを2本埋め込んでおり、ネック剛性も申し分ない。フレットには加工精度の高いJESCAR社の製品を採用。サークル・フレッティング・システムにより低音弦のローポジションにおいてもピッチ感が優れている。プリアンプはアギュラー社製OBP3を採用。本格的な18V仕様にすることでプロスペックといえるサウンドを実現した。

この記事をツイート

この記事の関連情報