エディ・マネー、食道癌のステージ4を公表し、闘病をリアリティ番組で公開

ツイート

70~80年代に「Baby Hold On」「Take Me Home Tonight」「Walk On Water」などがヒットしたロック・シンガーのエディ・マネー(70歳)が、昨年秋、食道癌と診断されていたことを公表した。

◆エディ・マネー画像

マネーは、アメリカのAXS TVで放送される彼と家族のリアリティ番組『Rael Money』新シリーズの中で、「ただの定期健診だと思っていたら、癌だと言われた」「大変な衝撃を受けた」と明かした。ステージ4で、肝臓、リンパ節、胃の一部に移転しているという。

医師からの通知は『Real Money』シーズン2の撮影中のことだったといい、9月から放送されるそのシーズン2で癌の告知から闘病生活、それが家族に与える影響を記録しているそうだ。

マネーは、こう話している。「癌だという事実を隠したくなかった。僕はみんなに対し正直でありたい。50年代、60年代と違い、癌患者みんなが亡くなるわけじゃないことを知って欲しい。僕がどれくらい生きるかって? それはわからない。神の手に委ねられている」

マネーは5月終わり、心臓弁の手術も受けていた。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報