メタリカのJ・ヘットフィールド、エディ・マネー追悼公演での演奏が公開される

ツイート
Photo by Anton Corbijn

今年2月ロサンゼルスで開かれたエディ・マネーの追悼公演を日曜日(9月13日)放送した米AXS TVが、放送に先駆け、同公演にサプライズ出演したメタリカのジェイムズ・ヘットフィールドのパフォーマンス映像をYouTubeで公開した。

◆「Baby Hold On」動画

番組が放送された9月13日は、エディ・マネーの一周忌だった。彼は2018年秋にステージ4の食道がんだと診断され、闘病の末、70歳で亡くなった。

追悼公演にはサミー・ヘイガー、リック・スプリングフィールド、ジョン・ウェイト、ジョージ・ソログッド、ジェファーソン・スターシップ/スターシップのミッキー・トーマスらが出演。ヘットフィールドは予め告知されていたわけではなく、ショウ半ばサプライズで登場し、マネーのデビュー・シングル「Baby Hold On」をアコースティック・ギターでソロ・パフォーマンスした。

ヘットフィールドはそのとき、マネーと初めて出会ったときの逸話を明かしていた。2人は、マネーが国歌斉唱したアメリカン・フットボールの試合で会い、ヘットフィールドは最初、「この偉そうな奴は誰だ?」と思ったが、「2匹の大きな犬がお互いの動向をうかがう、面白い状況に陥った」あと、友達になったという。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報