ウォルフガング・ヴァン・ヘイレン、セヴンダストのメンバーのソロ・アルバムでドラムを演奏

ツイート

エドワード・ヴァン・ヘイレンの息子で、ヴァン・ヘイレンのベーシスト、ウォルフガングが、セヴンダストのギタリスト、Clint Loweryのソロ・アルバムで、ベースだけでなくドラムも演奏したという。

◆Clint Lowery画像

Loweryは、『Appetite For Distortion』ポッドキャストのインタビューで、ソロ・アルバムについてこう話した。「これまでソロのような感じで、様々なプロジェクトのアルバムを出してきたが、これは、俺の名で、ちゃんとした形でリリースする初めての作品だ」「ロック・アルバムだ。セヴンダストより、ちょっとオルタナティブな要素があり、ヘヴィではない。もっとメロディックで、でも、エッジーだ」

「ビッグなドラムだよ。ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンがドラムをプレイしているんだ。彼はすごいよ。ドラムとベースをプレイした。彼はあらゆる点で素晴らしい。彼とは長年の友人なんだ。すごいドラマーだよ」

「俺は、彼が本当はドラマーなんだってこと知ってた。でも、彼はギターもベースもプレイでき、歌うこともできる。彼にドラムをプレイして欲しいって決めてたんだ。彼は本当に素晴らしい。俺がやろうと思ってることを理解してる」

アルバムの詳細は今後、発表される。

セヴンダストの方も2020年に新しい音楽をリリース予定だという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報