【レポ&インタビュー】岩佐美咲、切ない表情と豊かな表現力でファンを魅了したカラオケパーティ

ツイート

■岩佐美咲インタビュー

――おつかれさまでした!はじめてのDAM★ともカラオケパーティーはいかがでしたか?

岩佐美咲(以下、岩佐):とてもアットホームな雰囲気でした。みなさんが飲み物を飲みながら歌を聴いてくださるというのも、なかなかないことでしたし、すごく盛り上げていただきました。私も普段は歌わない曲を歌ったりして、ここでしか楽しめないレアなイベントになったと思います。

――お客さんは、西寄さんの前説からすでに盛り上がっていて、雰囲気が出来上がっている感じでしたね。

岩佐:そうですね。普段からイベントに来てくださっているお客さんもいらっしゃったので。そういう方が率先して盛り上げてくださって良かったです。

――採点カラオケで酒井法子さんの「碧いうさぎ」を歌いましたけど、カラオケでよく歌っているんですか?

岩佐:好きな歌でよく歌っています。お客さんの前で歌ったのは今日が初めてだったんですけど、改めて良い歌だなと思いました。今日は採点機能を使って歌ったので、どうしてもビブラートとか細かいところを見ちゃいました(笑)。よく、カラオケで良い得点を出す歌い方があるって言うじゃないですか?今日はそういうことを意識せずに、92点が出せたので、意識して歌ったらどれぐらいだったのかな?ってちょっと気になりました。

――意識せずにこの高得点ですもんね。

岩佐:ということは、意識して歌ったら95点ぐらいは取れたんじゃないかな?って(笑)。今度やってみようかなって思いました。

――「碧いうさぎ」は、普段の岩佐さんの歌い方とは違いましたよね。

岩佐:ポップスの方が自由に軽めな感じで歌ってるかもしれないですね。本番前にもオリジナルの曲を聴いていたのもありますし、もともと好きな曲って原曲が焼き付いているから、無意識に寄せちゃう部分があるかもしれないです。

――それができるのは実力があるからですよね。今日は改めて歌が上手いなあって思いました。

岩佐:本当ですか?嬉しいです!ありがとうございます。

――最新曲の「恋の終わり三軒茶屋」はどんな思いで歌っていらっしゃいますか。

岩佐:切ない大人の許されない恋愛を歌った内容の曲で、秋元康先生らしいなって感じる部分が歌詞の中にあったりして、切ない大人な部分を歌で出しています。ただ、メロディが歌謡曲テイストなので、“歌い込みすぎない”ようにしているというか。とくにAメロとかサビ前の部分とかは、物語や気持ちを語るように歌っています。


――歌はもちろんなんですけど、歌唱中の所作というか指先まで表現をしているように見えました。

岩佐:今回、三波春夫さんのご長女の三波美夕紀先生に所作の振り付けをしていただいているんですよ。すごく歌詞にあった動きをつけていただきました。

――お客さんも一緒にペンライトを振ってましたね。

岩佐:そうなんですよ(笑)、みなさん真似して動かしてくれるんです。

――11月6日(水)に岩佐美咲大全集アルバム第2弾『美咲めぐり~第2章~』が発売されますね。どんなアルバムになっていますか?

岩佐:オリジナル曲とカバー曲で構成されているんですけど、今回のカバー曲は演歌は1曲も入っていなくて、歌謡曲やポップスのカバーをしています。アニソンを収録していたり、新しいことずくめの1枚になっています。どんどん新しい自分をみなさんに感じていただきたいというのが、これからの私の目標の1つでもあるので、そういうところが詰まった1枚です。

――アニソンでは、「千本桜」「魂のルフラン」の2曲を収録していますね。この2曲をチョイスした理由は?

岩佐:もともと、私自身がアニメとかサブカルチャーが好きなんです。「魂のルフラン」は前からカラオケで歌っていましたし、『エヴァンゲリオン』はこれから映画もあって、さらに話題にもなっているときですし、アニソンを収録するとなったら入れたい曲の1つだったので。

――その他のカバーでは、麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」、山口百恵「秋桜」、石川ひとみ「まちぶせ」、森高千里「雨」が収録されていますね。これは1970年代~1990年代の女性歌手の曲を時代ごとに選んだんですか?

岩佐:ああ~、確かに!本当ですね。意識してなかったけど、そうなりました(笑)。それぞれカラオケで歌ってもいましたし、ライヴでも歌っていた曲でしたので、ご好評いただいた中から選んで今回収録することになったんです。本当に新しいことずくめで、挑戦の1枚です。このアルバムからも感じ取っていただきたいなと思うんですけど、これからも常に新しい自分に挑戦していきたいなと思っています。

取材・文:岡本貴之

リリース情報

『美咲めぐり~第2章~』
2019年11月06日発売
【初回限定盤 CD+DVD】
TKCA-74853 / \3,273+税
[CD] <収録内容>
1. 無人駅
2. 鞆の浦慕情
3. 鯖街道
4. 佐渡の鬼太鼓
5. 恋の終わり三軒茶屋
6. 雨
7. 秋桜
8. 魂のルフラン
9. まちぶせ
10. わたしの彼は左きき
11. 千本桜
-限定盤Bonus Track-
12. ごめんね東京[3rdコンサート(2017年7月22日公演)より]
13. 初酒[3rdコンサート(2017年7月23日1部公演)より]
14. もしも私が空に住んでいたら[4thコンサート(2018年2月4日1部公演)より]
[DVD]
鯖街道MV
佐渡の鬼太鼓MV
恋の終わり三軒茶屋MV
ジャケット撮影メイキング

【通常盤 CD】
TKCA-74854 / \2,818+税
[CD] <収録内容>
1. 無人駅
2. 鞆の浦慕情
3. 鯖街道
4. 佐渡の鬼太鼓
5. 恋の終わり三軒茶屋
6. 雨
7. 秋桜
8. 魂のルフラン
9. まちぶせ
10. わたしの彼は左きき
11. 千本桜無人駅 (※カラオケ)
12. 無人駅(カラオケ)
13. 鞆の浦慕情(カラオケ)
14. 鯖街道(カラオケ)
15. 佐渡の鬼太鼓(カラオケ)
16. 恋の終わり三軒茶屋(カラオケ)
この記事をツイート

この記事の関連情報