The Birthday、『VIVIAN KILLERS』ツアー閉幕「夏も終わったのかね」

ツイート

The Birthdayが10月10日、東京・Zepp DiverCity(TOKYO)にて<VIVIAN KILLERS TOUR 2019>のファイナル公演を開催した。

◆The Birthday画像

同ツアーは最新アルバム『VIVIAN KILLERS』を引っさげて、5月11日の神奈川・横浜BAY HALLを皮切りに約5ヶ月のスケジュールを前半・後半に分け、国内外38か所を巡り開催されたものだ。以下、最終日のオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆


アルバム『VIVIAN KILLERS』と同じく「LOVE IN THE SKY WITH DOROTHY」で幕開け。アルバム曲から3曲を立て続けに演奏するとツアーの間にリリースしたB-SIDE&RARE TRACKS『WATCH YOUR BLINDSIDE 2』に収録の新曲「ペーパームーン」、シングル曲「青空」「THE ANSWER」などを披露したところでチバがギターを置いてマラカスを持って客席をあおり「DIABLO ~HASHIKA~」で雰囲気を変える。





後半では「誰かが」のセルフカバーも披露。「夏も終わったのかねー、“SUMMER NIGHT”演奏したいなー」と言いながら「木枯らし6号」を、さらにフジイがサビを歌う「FLOWER」と続き、本編最後の「OH BABY!」ではすでに定番化しているエンディングの「OH BABY!」のリフレインをオーディエンスに合唱させるパートでステージ背面のライトに“OH BABY!”の文字が灯ると同時にスカルのバックドロップがゆっくり上がり客席は大盛り上がり。本編を終了した。



アンコールでクハラ、フジイ、ヒライに続き最後にチバが缶ビールを片手に登場。観客と乾杯するように会場を見渡してGMOクリック証券のCM曲としてオンエア中の「星降る夜に」を披露。さらに「涙がこぼれそう」の《俺さ 今どこ?》で「東京、お台場、お前らと一緒だ――!」と叫ぶ。

さらに鳴りやまない拍手に再度ビール片手に登場するとマイクを通さずにアカペラで歌い始めたのは「くそったれの世界」。最後の最後もハンドマイクで客席をあおりながら「DISKO」を演奏しライブは終了した。

撮影◎新保勇樹

   ◆   ◆   ◆

なお、この日、チバユウスケのソロプロジェクト・YUSUKE CHIBA-SNAKE ON THE BEACH-の7年ぶり2枚目となるアルバム『潮騒』のリリースを記念した写真展と上映イベントの開催も発表された。11月19日(火)より東京・ALにて開催される初の写真展では、自身の撮影による初公開写真や、ジャケット・ブックレットに使用された写真が展示されるという。また、『潮騒』に収録の「潮騒FILMS」を一夜限り上映する<「潮騒 FILMS」プレミアム上映イベント>は、12月6日(金)に東京・シネマート新宿で開催される。

■YUSUKE CHIBA-SNAKE ON THE BEACH- イベント情報

■<YUSUKE CHIBA-SNAKE ON THE BEACH- 写真展「潮騒」>
会期:2019年11月19日(火)~11月27日(水)
会場:東京・AL www.al-tokyo.jp
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 1F
時間:12:00~19:00 (各日、最終入場は18:30まで) 会期中無休・入場無料
電話:03-5722-9799
※チバユウスケデザインによるフォトTシャツ、ポストカードも販売予定

■<「潮騒 FILMS」プレミアム上映イベント>
日時:2019年12月6日(金)20:50上映開始 開場20:30
会場:シネマート新宿 スクリーン1(新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル6F)
入場料金:1,600円(税込) ※全席指定
チケット販売:劇場オンライン&劇場窓口 [10月26日(土)AM10:00~]
オンライン予約サイト:http://www.cinemart-ticket.jp/shinjuku/schedule/index.php
※本イベントにてアーティストの出演はございません。
※チケットご購入後は、いかなる場合も払い戻し不可となります。
※規定枚数に達し次第、販売終了となります。
[問]シネマート新宿 03-5369-2831

この記事をツイート

この記事の関連情報