マイク・シノダ、ロシア映画のために制作した新曲をリリース

ツイート

マイク・シノダが、金曜日(11月1日)、新曲「fine」をリリースした。これは、今月公開されるロシアのSF・アクション映画『The Blackout』のために書き下ろした音楽だという。

◆「fine」関連画像、予告編

マイクは、この曲について「Egor Baranov監督が映画のクリップを送ってくれたとき、すぐに、自分がどんな曲を作りたいかアイディアが浮かんだ。この映画の緊張感と不穏な特質は即座に僕の共感を呼んだ」と、コメントしている。

新曲をリリースすることは、2日ほど前からSNSで予告していた。





映画『The Blackout』は11月21日にロシア、28日にドイツ、オーストリアなどの映画館で公開されるという。シングル「fine」のリリースと同時に、そのサウンドをフィーチャーした予告編が公開された。



マイクのソロ名義の新曲は、2018年夏に発表したデビュー・アルバム『Post Traumatic』以来。彼は9月初めに、『Post Traumatic』をプロモートし1年間続いたツアーを終えたばかりだった。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報