【インタビュー&レポ】Jewel☆Neige、「Snow Memories」に込めた思い

ツイート

■グループが見せる新たな一面

──では、先ほどお話にも上がった「Alice」についてはどうですか?

小林:私、この曲も大好きなんです。最初に聴いた時は、すごく前向きな気持ちになれる曲だなと思いました。Jewel☆Neigeの曲にはあまりなかったようなタイプの曲かなと思うんですが、ちょっと強い女の子みたいなイメージですよね。これまでは「繋いだ手を離さないで」とか「いつでも思い出して」っていう、か弱い感じの女の子が多かったと思うけど、「迷うなら決めてあげる」って、私たちが引っ張っていってあげるような感じなんです。ファンの人もこれを聴いて元気になってくれたらいいなって思いながら、歌わせてもらっています。

青山:本当に、新しいJewel☆Neigeって感じだと思います。私が特に好きなのは、杏実ちゃんが最後のサビのあたりですごくかっこよくフェイクを入れるところ。そういうのもこれまでなかったので、すごい見せ場でもあるんですよ。ファンの人も杏実ちゃんの歌声に圧倒されてて、それがすごく嬉しい。新メンバーにもかかわらず、私達も胸を張って「素敵なあみこ(小林)だぞ!」って思って見てます。

小林:ありがとうございます(笑)。

▲小林杏実

中川:何か悩んでる時は、ぜひこの「Alice」を聴いてほしいです。例えばどっちにしようか決められないとか、どうしたらいいかわからなくなったりした時には、「Alice」を聴くと答えが導き出せるような気がするんですよ。私も、この先もし悩んだら聴こうと思います。あ、もちろん今も聴いてますけど(笑)。

和田:聴いてる、聴いてる(笑)。

中川:これからきっと悩むこともたくさんあると思うんですよ(笑)。人生、何があるか分からないから(笑)。

涼掛:深い(笑)。

倉田:でもほら、何があったって「人生、私が主人公!」だよ(笑)。

青山:繋がってるね(笑)。

──素晴らしい展開です(笑)。じゃあ4曲目の「人生、私が主人公!」について聞いてみましょうか。

松田:この曲は、初めて聴いた時にすごい衝撃だったんですよ。色んな意味で。今までにないくらいすっごく元気な曲だったから、これをJewel☆Neigeが歌うの!?と思ったんです。でもライブでやってみると、ファンの人もいっぱい声を出してくれて、振りコピしながら楽しんでくれる曲になったんです。

▲松田あゆな

涼掛:これは、いい意味でバカになって騒げる曲(笑)。

倉田:おもちゃ箱をひっくり返したみたいな感じって言うのかな?ここまで盛り上がる感じの曲は今までなかったからね。あとこの曲には、ことわざみたいなフレーズもいっぱいあるんですよ。「海老で鯛を釣る」とか「棚からぼた餅」とか。人生ってやっぱりことわざで出来てるんだな、みたいなね(笑)。

中川:ことわざ、難しい……(笑)。

和田:勉強になるね(笑)。私達、なんだろうって思ったらすぐ調べるから。

中川:頭、よくなりそうだね(笑)。

涼掛:でも本当の意味がわからなくても、ここではニュアンスで大丈夫!「こんな感じじゃない!?」みたいなノリでいいと思うから、そんな固く考えないで(笑)。

青山:梨来ちゃん(中川)にぴったり(笑)。

倉田:合ってる、合ってる(笑)。

中川:あれ?けなされてます(笑)?大丈夫?

──(一同爆笑)。大丈夫ですよ!

涼掛:楽しけりゃオッケー!って曲だから。

青山:梨来ちゃんが結構フィーチャーされている曲でもあるから、私たちも納得ですよ。この曲はみんなで盛り上がりましょう(笑)!

▲中川梨来

──ではもう1曲、「White Trip」はロマンチックなキラキラソングです。

青山:これはかすみん(倉田)がフィーチャーされている曲です。

倉田:人生で初めて、歌い出しとオチサビをいただいた曲です。私はメンバーの中でも特に歌が上手いとかそういうキャラではないので、今までセリフとかを担当しながら、ちょっとずつ歌うパートをもらってきた感じなんですね。だから今回は本当に、涙が出そうになるくらい嬉しかったです。これでやっと、今までずっと応援してくれていたファンの方にも恩返しができるのかなって思いました。

青山:振り付けはあみこが担当していて、フォーメーションも全部つけてくれました。

小林:私、ダンスは結構長くやっているんですが、今まで与えられた振りを踊ることしかしてこなかったんですね。今回この曲で振り付けをして、ましてや歌割りがある中での構成作りは本当に難しくて、ノートが真っ黒になるくらい考えて作りました。耳で聴いたものを目でも見て楽しめるような振り付けになっているので、ぜひライブで、生で見てほしい1曲です。

▲倉田かすみ

──さて最後になりますが、2020年はどんな1年にしたいと思われていますか?

倉田:私達は雪をコンセプトにして活動しているアイドルグループなので、北海道の<さっぽろ雪まつり>には今回も出演できたらいいなと思っています。

松田:去年と一昨年、出演させていただいたのでぜひ今回も。

和田:あみこはまだ行けてないからね。

小林:そうなんです。みんなからお土産はもらいましたけど(笑)。

涼掛:そしてJewel☆Neigeのことをもっとたくさんの方に知っていただいて、地方に遠征したり、ツアーで色んなところに行ったりできるようになりたいなと思っています。

松田:大阪とかまだ行ったことないから。

涼掛:私、地元なのに(笑)!

青山:あとは新メンバー募集のオーディションも開催しているので、2020年は新たな仲間が増えたJewel☆Neigeにも注目してもらいたいなと思います。ここがまた新しいスタートになると思うので、2020年という節目の年、新たなJewel☆Neigeと一緒に楽しんでいきましょう!

取材・文◎山田邦子

◆ライブレポートへ

Major 2nd Single「Snow Memories」

▲TYPE-A

▲TYPE-B

▲TYPE-C

2019年12月11日(水)発売
■TYPE-A
KICM-2014 ¥1,273+tax
■TYPE-B
KICM-2015 ¥1,273+tax
■TYPE-C
KICM-2016 ¥1,273+tax

[CD]※収録内容は全TYPE同一
1. Snow Memories
2. Alice
3. White Trip
4. 人生、私が主人公!
5. Snow Memories(Instrumental)
6. Alice(Instrumental)
7. White Trip(Instrumental)
8. 人生、私が主人公!(Instrumental)
この記事をツイート

この記事の関連情報