Aimer、劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」III.spring song主題歌担当を発表

ツイート

Aimerが、12月14日に開催された仙台公演内のMCにて、2020年春公開予定の劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」III.spring songの主題歌を担当することが発表した。これを受けて、劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」全3作の主題歌をすべてAimerが担当することとなった。

主題歌は「春はゆく」と題され、第一章主題歌「花の唄」、第二章主題歌「I beg you」に続いて、劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」の劇伴音楽を担当する梶浦由記がプロデュース及び楽曲提供を担当する。

前作「I beg you」では、楽曲としての衝撃とサプライズはさることながら、オリコン週間CDシングルランキング1位というセールス的にも注目を集めただけに、Aimer×梶浦由記が劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」のラストをどう彩ってくれるのか、期待が膨らむばかりだ。

なお、新曲「春はゆく」は来年3月25日にAimer通算18枚目のシングルとしてリリースとなり、「日本・オーストリア友好150周年 ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」イメージソングとしてすでに発表されていた新曲「marie」も収録となる。

●Aimerコメント
こうして最終章まで主題歌を歌えたことが、うれしくて、光栄です。梶浦さん、そしてこの作品に携わる、作品を愛するすべてのみなさんに、心から、ありがとうございます。梶浦さんからこの曲を差し出されたとき、これはほんとうに繊細に形にしなくちゃならないものだと、震えました。でも、あらゆる想いをはらんだ“愛”を、わたしの表現でちゃんとひとつの答えにしたくて、今できるすべてで歌いました。「春はゆく」が、物語の最後を見届けたみなさんにずっと愛してもらえる1曲になることを、願ってやみません。

●梶浦由記コメント
劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」主題歌3曲をAimerさんと共に作らせて頂けたこと、心から嬉しく思っております。シリーズを通してAimerさんのお声が作品を彩って下さったことにより、一貫した作品の音、世界、そしてヒロイン像を紡げたのではないかと思っております。最終章の歌となる「春はゆく」にもAimerさんが魂を吹き込んで下さいました。皆様に届きますよう。

この記事をツイート

この記事の関連情報