チェスター・ベニントンの未亡人、消防士と結婚

ツイート

リンキン・パークのヴォーカリストだった故チェスター・ベニントンの未亡人タリンダさんが、先週、消防士のマイケル・フレッドマンさんとハワイで結婚式を挙げたそうだ。

◆チェスター・ベニントン画像

タリンダさんとチェスターの結婚記念日である12月31日に挙式したとの報道もあるが、確認は取れていない。

2人は昨年4月に婚約したが、公にしたのは9月だった。タリンダさんはSNSに、「Dear #Family 地上に舞い降りた天使、マイケル・Fと婚約したと報告できるのをとても嬉しく思っています。私は、悲劇があろうとも愛を見つけることはできると、皆さんに伝えるためここにいます。ソウルメイトの死は、あなたの死を意味するわけではありません。私の家族、友人、リンキン・パークのブラザー達は、両手を広げ彼を歓迎してくれています。私はこの先もチェスターを称え、彼の死を無駄にしないという私の人生の使命を全うしていくつもりです。自殺による喪失感を経験する人たちへ あなたは再び幸せになっていいのです。心の中では、嘆き、喜び、幸せ、悲しみ、愛が共在できるのです。継続的な愛と支援をありがとう」との声明を投稿していた。

タリンダさんは2005年12月31日にチェスターと結婚。チェスターは、2017年7月20日に亡くなった。

タリンダさんは年末、メンタル・ヘルスの重要性と支援への関心を高めるため、2020年5月にロサンゼルスでサミットやライブ・パフォーマンスが催される<320 Festival>を開くと発表していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報