ステージ映え抜群、RYOGAからライトアッシュの天然杢に光の角度でパール粒子が輝くギター「HORNET-H3」

ツイート

ステージでスポットライトを浴びた時に一層の存在感を放つギターが、島村楽器のギターブランド「RYOGA(リョウガ)」から登場。ステージ映え抜群のニューモデル「HORNET-H3」がリリースされた。

「HORNET-H3」は、やや薄めの40mmボディ厚、ハードテイル(ノントレモロ)の裏通しブリッジを採用。ボディ&ネック材のマホガニーの中音域を生かしながら、RYOGAならではのキレのあるサウンドを実現。シンプルながら表現力に富み、弾きこなす楽しみが味わえる、初心者から上級者まで永く付き合える1本となっている。


▲マホガニーのボディ&ネックに、ボディトップは4mmのライトアッシュをあしらい天然の杢目が美しいギターに仕上げた。

注目はユニークなカラーリング。普段はアッシュの天然杢が美しいナチュラルなカラーリングながら、光の角度によってパール粒子が乱反射しシルバーに輝くTPS(トランスルーセント・パール・シルバー)を採用。ライティングでさまざまな表情を見せてくれる。

総厚40mmのやや薄めのボディは取り回しがしやすく、長時間演奏でも体への負担を軽減。ハードテイルブリッジにS-Hレイアウトのピックアップを搭載した、RYOGA定番のハードウェアによるサウンドは、RYOGA特有のスピード感あふれるサウンドに、マホガニー材ならではの中音域の粘りがマイルドな印象をプラスしたものだ。


指板は立ち上がりがよくピッキングレスポンスに優れるカリマンタン・エボニーを採用。コンタード加工で抱えやすいボディ、なめらかに仕上げられハイポジションでの弾きやすさを提供するネックジョイントも大きな特徴だ。


▲各ピックアップで独立した2ボリューム仕様(左)。ヘッドはコンパクトかつ軽量化で全体の重量バランスを改善。ヘッド落ちも気にならない(右)。ペグはGOTOH社製。

▲ウェストのコンタード加工で抱えやすい形状に。弦はタイトな鳴りを生み出す裏通し仕様(左)。ネックジョイントはなめらかに仕上げており、ハイポジションまで弾きやすい設計(右)。

製品情報

◆HORNET-H3
価格:190,000円(税別)
発売中

関連画像&映像

◆RYOGA 画像
この記事をツイート

この記事の関連情報