メタリカ、2フェスティバルへの出演を中止

ツイート

メタリカは月曜日(2月24日)、5月に米オハイオで開かれる<Sonic Temple Art + Music>フェスティバルと9月にケンタッキーで行なわれる<Louder Than Life>フェスティバルへの出演を取りやめると発表した。

◆メタリカ画像

メタリカは昨年秋、フロントマンのジェイムズ・ヘットフィールドが依存症の治療を始めると告知した2週間後に、5~10月にかけてDanny Wimmer Presentsが主催する5つのフェスティバルで、それぞれ2日間、計10回のヘッドライン・パフォーマンスを行なうと告知していた。

そのうちの2フェスティバルへの出演がキャンセルされ、<Sonic Temple Art + Music>では、メタリカの代わりにレッド・ホット・チリ・ペッパーズとトゥールがパフォーマンスするという。<Louder Than Life>は、まだ新ヘッドライナーを発表していない。



ヘットフィールドは、「これを書くのは痛みが伴うが、Sonic TempleとLouder Than Lifeに出演できないと伝えなくてはならない。健康維持に努めるにあたり、これらの週末、どうしても動かすことのできない重要な回復行事がある。チケットを購入してくれたファンのみんなに謝罪する」との声明を出している。ツアーに忙しかった1年間、自分の健康は優先事項ではなかったが、「いまは、自分のメンタル・ヘルスが何よりも大切であることを理解している」という。

セラピーは順調に進んでおり、4月の南米公演および残りの3フェスティバル<Epicenter><Welcome To Rockville><Aftershock>への出演は予定通り行なうそうだ。



ヘットフィールドは先週(2月20日)、米ロサンゼルスで開かれたエディ・マネーの追悼公演にサプライズ出演し、1曲ではあったが、療養後初めてライブ・パフォーマンスを行なった。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報