オーディオテクニカ、「AT2020」に日本の伝統色“藍色”をあしらった「AT2020TYO」が6月26日より発売

ツイート

オーディオテクニカから、コンデンサーマイクロホンの数量限定モデル「AT2020TYO」が6月26日より発売される。

オーディオテクニカの厳格な品質基準を満たしたサイドアドレスマイクロホン「AT2020」。エントリークラスながら確かなスタジオクオリティを実現したハイコストパフォーマンスモデルで、2006年の発売以来、長きにわたり好評な製品だ。


この度発売される「AT2020TYO」は、その「AT2020」をベースに、日本古来より使われてきた藍色を本体カラーに採用した数量限定モデル。思い通りのパフォーマンスを可能にする金属製の頑丈なボディと高耐入力設計、広いダイナミックレンジを提供し、充分な音圧レベルを備えている。専用設計のダイヤフラムにより、幅広い周波数特性と優れた過渡応答を実現。家で過ごす時間が増え、ますます盛り上がりをみせる自宅録音や動画配信などの収音に最適な1台となっている。機能や品質はそのままに、限定カラーならではの風合いを楽しんでほしい。


※ショックマウントは付属しません。

「AT2020TYO」

2020年6月26日(金)発売予定
オープン価格
特長
■コストパフォーマンスに優れた、サイドアドレスコンデンサーマイク
■自宅録音/動画配信に最適
■さまざまなシーンに対応する高耐入力設計と 広いダイナミックレンジを実現
■専用設計ダイヤフラムによる幅広い周波数特性と優れた過渡応答
■サイドとリアの収音を抑え、狙った音だけを捉える単一指向性を採用
■マイクを簡単かつ正確に配置できる専用スタンドマウントを付属

◆オーディオテクニカ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報