ボノボ、新レーベル“OUTLIER”始動&新曲「Heartbreak」公開

ツイート

グラミー賞ノミネート作『Migration』のヒットで、トップアーティストとしての評価をますます確かなものにしたボノボ。

◆ボノボ 関連動画&画像

官能的かつ情熱的なDJプレイでも、ジャンルや国境を超えて絶大なる人気を獲得している彼が、自らキュレーションを手掛け、数多くの先鋭アーティスト達をフィーチャーし、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ベルリンを始め世界各地で開催して来たイベント、<OUTLIER>のレーベル部門を始動する。レーベル第一弾のリリースはトータリー・イノーマス・エクスティンクト・ダイナソーズ(以下TEED)とのコラボレーションとなっており、2020年11月13日に12インチがリリースされることが発表された。また、同時に新曲「Heartbreak」がUKレイヴに影響を受けて制作された映像と共に公開。映像の監督はイギリスを拠点に活動するトム・アンドリューが務めた。


新曲では、Class Actionのダンス・クラシック「Weekend」のボーカルがサンプリングされており、パラダイス・ガラージを中心に盛行した1980年代のNYのサウンドから現代のウェアハウス・パーティにまで敬意を表するダンスフロア向けのシングルとなっている。ボノボとTEEDの2人は2015年頃に同時にLAに移住し、親交を深めた。その後はお互いのギグでパフォーマンスをしたり、デモを交換したりする日々が続き、最終的には今作のレコーディングに至った。

ボノボ コメント

オーランド(TEED)は去年、彼自身のアイデアを僕に聞かせてくれたんだ。彼のスタジオで数時間かけてそのアイデアを試して、最終的には「Heartbreak」が完成した。

サンプルを核としたこのトラックでは、両アーティストがエレクトロニック・ミュージックの形成期のシーンに敬意を表しており、12インチには『アーサー・ラッセル ニューヨーク、音楽、その大いなる冒険』や『ラヴ・セイヴス・ザ・デイ 究極のDJ/クラブ・カルチャー史』といったニューヨークのDJ/ダンス・カルチャーを語る上では欠かせない名著を手がけたティム・ローレンスによるライナーノーツが収録されており、「Weekend」の歴史と進化、そして今日のエレクトロニック・ミュージックに与えた多大な影響についての洞察を与えている。

TEED コメント

今、ダンスミュージックの歴史を意図的に認識しながらリリースすることは、これまで以上に重要なことだと感じている。サイモンと一緒に音楽をリリースできるのは素晴らしいことだし、彼のレーベルからの初リリースができて光栄だ。

この12インチはBonoboが新たに始動させたOUTLIERから初となるリリースで、レーベルはNinja Tuneとのパートナーシップにより設立、ボノボはレーベルのリリースについて次のように語っている。

ボノボ コメント

OUTLIERというイベントの中で表現してきたものの中でもクラブに焦点を当てた側面を反映したものになるだろう。「Heartbreak」は良い出発点にな ると思うし、このレーベルを立ち上げるきっかけとなった曲だ。みんながダンスフロアが恋しくてたまらない時のための1枚だよ。

なお「Heartbreak 」とB面の「6,000 Ft. 」を収録した『Heartbreak』は11月13日に12インチ/デジタルでリリースされ、OUTLIERの今後のレーベルとしての動きは近々明かされるという。


「Heartbreak」

2020年11月13日(金)リリース
OUTLIER

■tracklisting:
A1. Heartbreak
B1. 6000 Ft.

◆BEATINK オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報