サミー・ヘイガー、エディ・ヴァン・ヘイレンと連絡を取り合うようになったきっかけを明かす

ツイート

今年に入り、エドワード・ヴァン・ヘイレンと連絡を取り合うようになっていたサミー・ヘイガーが、エドワードに電話を入れたきっかけや、その後の交流について明かした。

◆サミー・ヘイガー画像

共通の友人、コメディアンのジョージ・ロペスから促されたと、米ラジオ局KSHE 95のインタビューで語った。「エディに連絡を入れたのは……、俺が長年知っていて、エディの大切な友人でもあるジョージ・ロペスのおかげだ。彼から電話があって、“サミー、エディに電話してもらわないと。一緒にゴルフをプレイしたんだけど、彼の具合はよくない”って言われたんだ」エドワードはサミーから連絡がなく、ガッカリしていると伝えられたそうだ。

「俺は、みんなに連絡入れてたよ。アレックス(・ヴァン・ヘイレン)にも。でも、エディの番号は知らなかったんだ。ジョージから“これが彼の番号だ。電話して”って言われた」

「そこからはビッグ・ラブ・フェストだ。ウルフィー(エドワードの息子)のことや彼のニュー・アルバム、俺ら2人のことや俺らが一緒にやったこと、それがどれだけ素晴らしかったかなんてことを話したり、テキストし合った」

ヘイガーは別のインタビューで、「何年も話していなかった後、2月、1月だったかな、とにかく新型コロナウイルスの前だ。僕が彼(エドワード)に電話したとき、彼は、“なんでこんなに時間がかかった?”って言ったんだ(笑)。それは、僕に最大級の笑顔をもたらした。僕は“オー・マイ・ゴッド、それは訊くな”って答えた。あれにはものすごく感動したよ。“ヘイ、待ってたんだぜ”って」と話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報