SOIL&”PIMP”SESSIONS、初のジャズカバー作品『THE ES-SENCE OF SOIL』3月発売

ツイート


SOIL&”PIMP”SESSIONSが、3月17日にジャズナンバーをカバーしたミニアルバム『THE ES-SENCE OF SOIL』をリリースすることが決定した。

作品リリースは、2019年12月の『MAN STEALS THE STARS』以来約1年3ヶ月ぶり。バンドの本来の姿であるインストゥルメンタルに立ち返り、“未来のジャズ”を表現した前作に引き続き、今作はメンバーそれぞれがどのようなジャズのルーツを持っているのか源流を辿るカバー集だ。これまで「Wheel Within A Wheel」「Fuller Love」「Spartacus Love Theme」など過去作品やライブで、スタンダードから隠れた名曲までカバーは様々披露して来ているが、一枚の作品として収めるのは意外と今作が初。全7曲を収録予定で、収録曲は追って発表される。

また、合わせて新しいアーティスト写真と『THE ESSENCE OF SOIL』のジャケット写真も公開された。ジャケット写真はメンバーのタブゾンビ(トランペット)の手書きによる。ブックレットにはメンバーによる収録曲の解説付き。さらに、初回出荷分は紙ジャケ仕様だ。各店舗、オンラインストアで予約もスタートしている。



ミニアルバム『THE ES-SENCE OF SOIL』

2021年3月17日発売
VICL-70245 / ¥2,300+tax
*メンバーによる収録曲解説付き
*初回出荷分は紙ジャケ仕様
*全7曲収録
*すべてのCDプレーヤーで再生できる高品質CD「SHM-CD」を採用

この記事をツイート

この記事の関連情報