エドワード・ヴァン・ヘイレン、誕生日にギター・センター前の壁画がお披露目

ツイート

故エドワード・ヴァン・ヘイレンの誕生日(1月26日)、米ハリウッド、サンセット・ストリップにある老舗楽器店ギター・センターのフラッグシップ店の外壁に描かれたエドワードの肖像画が公開された。

◆関連画像

エドワードに多大な影響を受けたというLA在住のアーティストRobert Vargasが、彼を追悼したいと、ギター・センターと提携し制作したもので、“Frankenstrat”ギターをプレイするエドワードの姿が描かれた。長さ105ft(約32メートル)、高さ17ft(約5.2メートル)ある。










ギター・センターでは生前からエドワードの楽器を展示したり、店の前に作られたRockWalkには彼の手形が埋め込まれている。

また、2018年にはジミ・ヘンドリックスを追悼し、彼の壁画も制作された。

エドワードの66回目の誕生日に、息子のウルフギャングは子供のとき撮影された父とのホーム・ビデオをSNSに投稿。誕生日を祝うと同時に「痛いほどあなたが恋しい」「しっかりしなきゃって一生懸命やっているけど、あなた無しでここにいるのは本当に辛い」「あなたを想わないことは1秒たりともない」と哀悼の言葉を添えている。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報