ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン、Mammoth WVHの初ライヴ・パフォーマンス映像公開

ツイート

ウルフギャング・ヴァン・ヘイレンのソロ・プロジェクト、Mammoth WVHが先週木曜日(2月11日)、米トーク・ライブ番組『ジミー・キンメル・ライブ!』に出演し、初のライヴ・パフォーマンスを披露した。

◆Mammoth WVH画像、動画

番組のYouTubeチャンネルでその映像が公開されている。ウルフギャングは、バンド──フランク・シドリス(G)、Garrett Whitlock(Ds)、Ronnie Ficarro(B)、Jon Jourdan(G)を従え、昨秋亡くなった父エドワードに捧げた楽曲「Distance」をプレイした。

好意的なコメントが多く寄せられており、ウルフギャングは「昨晩、見てくれたみんなにありがとうって言いたい。僕にとって容易いことではなかったけど、反響はクレイジーだ。ありがとう」とツイートしている。




ウルフギャングは、Mammoth WVHのファースト・アルバムをヴォーカル、楽器全てを1人で担い制作。セルフ・タイトルが付けられた同作には13曲+「Distance」(ボーナス・トラック)を収録し、6月11日にリリースする。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報