Folks Cinematic Jazz Ensemble、2021年第2弾となるSGリリース

ツイート

前作「Reflections」がアップルミュージックジャズランキング1位を獲得し、世界8カ国でもチャートインした、注目のジャズコレクティブ“Folks Cinematic Jazz Ensemble”が2021年第2弾シングルとなる「Rambling」をリリースする。

Folks Cinematic Jazz Ensembleは、架空の映画のサウンドトラックをコンセプトに、映像的な音楽を追求するジャズセクステット。M-Swiftとして、イタリアIRMA RecordsやイギリスFree Style Recordsをはじめ、ヨーロッパや日本のメジャーレーベルから数々の作品をリリースする松下昇平(M-Swift)を中心に結成された。ピアニスト堀秀彰、東京のジャズシーンの新星トランペッターYusuke Saseら7人が参加。ジャズをルーツに、レゲエ、ロック、チルアウトなど多様な音楽を飲みこむ新たなスタイルを追求している。本作品では、現在ロンドンで注目の写真家“ネモ・ロバーツ”とのコラボレーションが実現。曲それぞれのアートワークがネモの写真作品と連動。音楽以外の表現手法とも積極的にコラボレーションを進めている。

本作は各メンバーの本格的なジャズのスキルと、松下昇平(a.k.a M-Swift)のビートミュージックへの深い理解があってこそなしえる世界水準のサウンドに仕上がっている。また作曲はメンバーであるピアニスト堀秀彰。インプロヴァイジングミュージックの新たな未来を予感させる一曲と言えるだろう。


「Rambling」

2021年4月21日(水)Digital Release
https://linkco.re/rqVEhAuh
01. Rambling

◆オフィシャルサイト(M-Swift)
この記事をツイート

この記事の関連情報