チャド・スミス、ジョン・フルシアンテの復帰「心地よく楽しい」

ツイート

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミス(Dr)が、ジョン・フルシアンテ(G)の復帰についてコメントした。フルシアンテは2019年終わり、10年ぶりに再々加入し、彼らは現在、ニュー・アルバムを制作している。

◆チャド・スミス画像

SiriusXMの『Pop Rocks』にゲスト出演したチャドは、フルシアンテと再びプレイするのは「本当に楽しい」と話した。「彼がバンドに戻ったのはすごくエキサイティングで楽しい。俺ら、中断していたことを再開したって感じだ。当然、俺らは長いこと、お互いを知ってる。30年以上だ。だから、履きなれた靴を履いてるってとこかな。ホント、いい気分だよ。居心地よく、(前とは)ちょっと違うところもあるけど、自分らの好きなことをやってる。だから、本当に楽しい」

また、最近、バンドがアルバムを制作中だと明かしていたチャドは、完成を急いではいないと付け加えている。「この1年あったことを踏まえれば、急ぐことはない。俺ら、マイペースでやってるよ。新しい音楽がいっぱいある。ワクワクしてるよ。その時が来たら、完成するさ。来年は公演をいくつか開くつもりだ。みんなの前に立つのが楽しみだよ。新しい音楽をプレイするってだけでなく、ライヴ・パフォーマンスするってこと自体、俺ら、やりたくてやりたくて仕方ない」

彼らは2020年夏に公演を開く予定だったが、延期している。まだ新しい日程は発表されていない。

フルシアンテは昨年秋、レッド・ホット・チリ・ペッパーズに復帰したことについて、「まさに家族の元に戻ってきたって感じだ。彼らと一緒だともの凄く居心地がいい。(再び)プレイし始めたとき、まるで(離れていた)時間はなかったように感じた。チャドとの交流の仕方がちょっと変わったとか、いくつか取るに足らない例外はあったけど。基本的に、僕らは前と同じようにお互いに対し心地良さを感じてる。すぐにそう思ったよ」と話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報