フォークデュオ「風」、メンバー大久保一久が死去

ツイート

フォークデュオ「風」のメンバー・大久保一久が、2021年9月12日に死去したことがわかった。71歳だった。

大久保はかねてより体調不良により活動を休止し療養していたが、家族に見守られながらの最期となった。

風は、伊勢正三、大久保一久によるフォークデュオ。1975年、かぐや姫解散コンサート中に結成され、同年PANAMレーベルより2月5日にリリースされた「22才の別れ」がオリコン・シングル・チャート1位を4週連続記録し大ヒット。その後も「あの唄はもう唄わないのですか」、「ささやかなこの人生」などヒットを連発し、一時代を築いた。

メンバーの伊勢正三は、訃報に接し大久保へのコメントを発表している。

   ◆   ◆   ◆

「風」のメンバー 伊勢正三より

やさしかった久保ヤンへ。

久保ヤンが「猫」、僕が「かぐや姫」のメンバーだった頃、
出番前の楽屋の隅でいつも二人でギターの弦を張り替えながら、音楽の話をしたものです。
思えばその頃から、すでに、「風」は結成していたんだね。
「風」の頃の僕達は、朝から真夜中までいつも一緒だった。
再結成しようとしていた矢先に病気で倒れてから、長い間ほんとにがんばったね。
そして、朝方眠るように天国へ旅立ったと聞きました。

「風」は今でも解散宣言をしていないデュオ。

久保ヤンのやさしさがなかったら、「風」は存在せず、僕はただの孤独な男に過ぎなかったのです。

ありがとう、久保ヤン。おやすみなさい。


伊勢正三

   ◆   ◆   ◆

伊勢正三は今月9月25日に自身のキャリア50周年を控えており、風時代の楽曲を含むアルバム『伊勢正三の世界~PANAMレーベルの時代~』、オールタイムライブベスト『THE 伊勢正三』のリリースを目前に予定していた。

この記事をツイート

この記事の関連情報