クワイエット・ライオット、来週開催の公演でルディ・サーゾが復帰

ツイート

クワイエット・ライオットは、11月6日に米バージニア州で開く公演で、ベーシストのルディ・サーゾが復帰すると告知した。

◆クワイエット・ライオット画像

『Metal Health』ラインナップの1人であるサーゾの再加入は今年8月に発表され、当初、2022年初めからとのことだったが、早まったようだ。バンドは水曜日(10月27日)、「ルディ・サーゾが11月6日、正式にバンドのライヴ・ラインナップに再加入する」と伝えた。ルディ・サーゾ(B)、アレックス・グロッシ(G)、ジジー・パール(Vo)、ジョニー・ケリー(Dr)の新ラインナップが誕生した。サーゾが最後にクワイエット・ライオットを離れたのは2003年で、18年ぶりの復帰となる。

彼らは年内、さらに2公演を予定しており、3月終わりから北米ツアーを開催する。



クワイエット・ライオット最大のヒット作『Metal Health』関連のニュースとして、このアルバムのジャケットとなったStan Wattsによるオリジナル・アートワークと、その中で描かれたマスクの実物が11月19、20日にニューヨークのHard Rock Cafeおよびオンラインで開かれる、Julien’s Auction主催の<Icons & Idols: Rock ‘N’ Roll>オークションに出品されることになった。

Wattsは自らマスクを手作りし、これを着けた写真を撮り、絵にしたという。オークションの詳細はJulien’s Auctionのサイト(https://www.julienslive.com/auctions)まで。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報