レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ニュー・アルバムの詳細と新曲を発表

ツイート

レッド・ホット・チリ・ペッパーズがニュー・アルバムの詳細を発表し、ファースト・シングルをリリースした。

◆レッド・ホット・チリ・ペッパーズ画像

2016年にリリースした『The Getaway』以来、ジョン・フルシアンテが参加するものとしては2006年の『Stadium Arcadium』以来16年ぶりのスタジオ・アルバムは、『Unlimited Love』と名づけられ、4月1日に発表される。

そして、リード・シングル「Black Summer」が金曜日(4日)、リリースされた。先週終わり、SNSに投稿された18秒間のオーディオはこのオープニングだった。


通算12枚目のスタジオ・アルバムとなる『Unlimited Love』には、「Black Summer」「Here Ever After」「Aquatic Mouth Dance」「Not The One」「Poster Child」「The Great Apes」「It's Only Natural」「She's A Lover」「These Are The Ways」「Whatchu Thinkin'」「Bastards Of Light」「White Braids & Pillow Chair」「One Way Traffic」「Veronica」「Let 'Em Cry」「The Heavy Wing」「Tangelo」の17曲が収録される。

今回、彼らの唯一の目的は「音楽に没頭すること」だったという。「僕らは、最高のアルバムを作るため、一緒もしくは個別に何千時間も費やした。自分達の技を磨き、お互いを引き立てながら──」「再び一つの部屋に集まり、より良くなろうと努める機会に恵まれたことをとても感謝している」とコメントしている。

新作は、『Blood Sugar Sex Magik』(1991年)や『Californication』(1999年)、『By The Way』(2002年)、『Stadium Arcadium』などでコラボしてきたリック・ルービンがプロデュースした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報