フリーのグラミー賞トロフィー、子供のシャベルに

ツイート
Photo by Sandy Kim

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリー(B)が初めて手にしたグラミー賞のトロフィーは、子供にシャベル代わりに使われていたそうだ。しかも冬の間、庭に置きっ放しにされ、泥まみれになっていたという。

◆レッド・ホット・チリ・ペッパーズ画像

レッド・ホット・チリ・ペッパーズはこれまでグラミー賞に12回ノミネートされ、3度受賞。最初に受賞したのは1993年に開かれた第35回グラミー賞で、「Give It Away」で最優秀ハード・ロック・パフォーマンス(ウィズ・ヴォーカル)に選ばれた。

フリーは最近、LAのラジオ局KROQでグラミーの思い出についてこう話した。「グラミーは素晴らしいものだよ。でも、俺らが初めてグラミーを受賞した後、その3年後だったかな、母から“マイケル、あなたのグラミーどこにあるの?”って訊かれたんだ。俺は“わからない。どこかに置いたんだけど”って答えてた。そしたら数ヶ月後、庭師が来たときだ。グラミーのトロフィーってホーンがついた昔のレコード・プレイヤーみたいな形をしてるだろ。俺の娘はそれ(ホーンの部分)を回して外し、庭でシャベルとして使ってたんだ。冬の間、ずっと土の中に置かれてた。土の中に放り出されてたんだよ」

レッド・ホット・チリ・ペッパーズはこのほか、第49回グラミー賞(2007年開催)にて、「Dani California」で最優秀ロック・パフォーマンス(ヴォーカル入りデュオまたはグループ)、『Stadium Arcadium』で最優秀ロック・アルバムを受賞した。

初めて受賞したとき、4~5歳だったフリーの娘は、その後フォトグラファーとなり、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのプロモーション用写真も手掛けている。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報