エド・シーラン、「Shape of You」の盗作疑惑裁判で勝訴

ツイート
Photo: Dan Martensen

エド・シーランが、自身の楽曲「Shape of You」(2017年)をめぐり、シンガー・ソングライターのSami ChokriとRoss O'Donoghueから彼らの作品「Oh Why」(2015年)に酷似していると訴えられていた訴訟で、英国の高等法院は水曜日(4月6日)、盗作には当たらないとの判決を下した。

◆エド・シーラン画像

シーランはその後、Instagramにビデオ・メッセージを投稿し、「結果には当然、満足しているけど、今、こういう申し立てがあまりにも普通のことになり過ぎていると感じている。そして事実無根であろうと、裁判にするより示談にするほうが安上がりだと考える文化になった。これは本当にソングライティング業界にダメージを与えている。ポップ・ミュージックには限られた数の音符とごくわずかのコードしか使われていない。Spotifyで毎日6万もの曲が公開されているなら、偶然の一致も起こり得る。1年で2,200万曲だ。そして12音しかないんだ」との考えを述べた。

訴訟は当然、愉快な体験ではなく、「この判決により、今回のようないわれのない申し立てが回避できることを願っている」と続けた。

「Shape of You」はシーランとスノウ・パトロールのジョニー・マクデイド、プロデューサーのスティーヴ・マックが共作し、2018年に盗作疑惑をめぐる法的手続きが開始されていた。







Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報