ガンズ・アンド・ローゼズ、今度はAC/DCの「Back In Black」を初パフォーマンス

ツイート

ガンズ・アンド・ローゼズは、週末(6月4日)にポルトガルで開催した2022年最初の公演でAC/DCの「Walk All Over You」を初めてライヴ・パフォーマンスしたが、続くスペイン公演(7日)では「Walk All Over You」に代わり「Back In Black」を初パフォーマンスしたという。

『Ultimate Classic Rock』によると、歓声がすごく最初のリフがよく聴こえなかったものの、「Back In Black」だとわかると、客席は大合唱になったそうだ。大半はオリジナルどおりプレイされ、スラッシュによる壮大なギター・ソロが投入されていたという。

ポルトガルで開幕したガンズ・アンド・ローゼズのヨーロッパ・ツアーは7月15日まで計16公演が開かれる。アクセル・ローズが2016年にツアーに参加したAC/DCの楽曲が、今後も日替わりでパフォーマンスされていくのか注目される。

バンドはヨーロッパの後、年内に南米、オーストラリア/ニュージーランドでのツアーを予定している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報