メタリカ、『ストレンジャー・シングス』での楽曲使用に「とてつもなく光栄」

ツイート

メタリカが、彼らの楽曲「Master Of Puppets」がNetflixで配信中のドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4の最終回で使用されたことに対し、コメントを発表した。

◆メタリカ画像

「ストレンジャー・シングスに音楽を組み込むダファー兄弟の手法は、常にこれまでとは別のレベルだった。だから俺らは、“Master Of Puppets”が劇中で使用されるだけでなく、それを軸にものすごく重要なシーンが創られることに大興奮だった。俺ら、最終的にどのようなものになったのか見るのが楽しみでしかたなかった。そして実際に見たとき、俺らは完全にぶっ飛んだ……お見事なんてものじゃない、予告編で、ジョセフ・クインの手を数秒目にしただけで、どの曲か言い当てる人がいたくらいだ!! なんてクレイジー・クールなんだ? エディの旅でこれほど重要な役割を担えたこと、そしてまたしても、このドラマでフィーチャーされた他の素晴らしいアーティストたちと共にできたことをとてつもなく光栄に思う」

ドラマで使用されたヴァージョンには、ロバート・トゥルヒーヨ(B)の息子タイが新たにギター・パートを加えた。




今シーズンでは、ケイト・ブッシュの楽曲「Running Up That Hill (A Deal with God)」が再ブレイクしたほか、ジョセフ・クイン演じるエディ・マンソンがロニー・ジェイムス・ディオの遺産管理団体から提供された“本物”のディオのデニム・ジャケットを着ていたこともロック・ファンの間では話題となった。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報