フェンダー、ジョージ・ハリスンが愛した名機がシグネイチャーモデルとして世界同時発売

ツイート

フェンダーが、ジョージ・ハリスンの新シグネイチャーギター「George Harrison“Rocky”Stratocaster」を世界同時発売。7月27日(水)よりフェンダー公式オンラインショップにて販売が開始された。

「George Harrison“Rocky”Stratocaster」は、アルダーボディに手作業で丁寧に施したジョージ・ハリスンの有名なサイケデリックペイントを蘇らせたモデル。ピックガードやプラスチックパーツのアートから、ヘッドストック裏の「Grimwoods(本機が購入された楽器店)」のデカールに至る細部まで全てのディテールが忠実に再現されている。3基の60s Vintage-Style Stratocasterピックアップは、フェンダーの黄金期のダイナミックで鮮明なトーンを実現。60年代半ばのCシェイプのメイプルネックに、7.25インチラジアスのスラブ貼りのローズウッド指板と21本のヴィンテージスタイルフレットを備えている。また、ヴィンテージスタイルのシンクロナイズドトレモロとチューニングマシンを搭載している。




ジョージ・ハリスンは、キャリアを通じて様々な象徴的なギターを使用しが、「Rocky(ロッキー)」という愛称で親しまれたサイケデリックなデイグローカラーでハンドペイントされた61年製ソニックブルーのストラトキャスターギターが彼の一番印象的な一本と言える。1965年初頭、アルバム『Help!』の制作が始まった際に、ジョージとジョン・レノンからそれぞれにストラトキャスターギターを購入してほしいとの依頼でローディーのマル・エヴァンズは、二人にお揃いのソニックブルーのストラトキャスターギターを入手。ローリングストーン誌「歴代最高のアルバム500」に選ばれた『Help!』のアルバムは、ビートルズの音楽にストラトキャスターが初めて登場した作品となる。1967年に、ジョージは自身のストラトキャスターを多彩なサイケデリック柄に塗装しオリジナリティを吹き込んだ。67年のテレビ映画『マジカル・ミステリー・ツアー』の「I am the Walrus」のシーンに大きく登場したこのギターは彼のお気に入りであり、1969年12月までにアッパーボディに「Bebopalula」、ピックガードに「Go Cat Go」、そして愛称ともなった「Rocky」とうい文字がヘッドストックに追加された。2020年にはFender Custom Shopより細部まで忠実に再現した「Rocky」モデルを数量限定で発売し、世界中のファンにこのアイコニックなギターのサウンドと歴史を楽しめる機会を提供した。





製品情報

George Harrison“Rocky”Stratocaster
希望小売価格:275,000円 (税込)
販売開始日:2022年7月27日(水)
この記事をツイート

この記事の関連情報