スマッシング・パンプキンズ、解散を正式発表!

ツイート
 Smashing Pumpkinsのリーダー、Billy Corganが、ロスアンジェルスのKROQのラジオインタヴューで、バンドが現在のツアーを終えた後、解散することを発表した。この発表は、今年初めに流れていた噂を肯定するものとなった。

「新アルバム『Machina/The Machines Of God』の発売時に(解散を)発表しようかと考えていたんだけれど、そうすると曲のことではなく、そっちの話題ばかりになってしまうと思ったんだ。もうアルバムも発売されたので、いいと思って。前向きな姿勢を表しておくのに、最後にアルバムを出しておきたかったんだ」

 最近では、バンド内のゴタゴタや悲劇で不安定な状況に陥っていた、この中堅ロックバンドの新アルバムが、期待はずれの売上を示している最中での発表となった。

 新アルバム『Machina/The Machines Of God』は、5月最終週のBillbord 200で、チャートイン12週目にして159位に落ちた。関係者によると、アルバムは、発売から約44万枚売り上げている。期待はずれの売上となった新アルバムは、勢いのなかった前作『Adore』に続くもので、この''98年のアルバムは、''98年6月にチャート初登場2位、100万枚の売上でプラチナを記録したが、バンドの以前の人気に届くものではなかった。

 スマパンの人気及び才能の絶頂期は、''95年に全新曲の2枚組CD『Mellon Collie And The Infinite Sadness』を出した頃だ。当時、CDが主流になりだしてから、これほど多くの新曲をまとめて発表するロックアーティストは、ほとんどいなかった。''91年にGuns N'' RosesBruce Springsteenが、CDを2枚同時発売しているが、2枚組みで発売するリスクを避けてのことだ。スマパンのとったリスクは、完璧に報われた。アルバムは、CD時代で初の全新曲2枚組でのBillbord 200の1位を獲得した。この2枚組は、400万枚売り上げ、プラチナ8個分を記録した。また、バンドの評価をも急上昇させた。

 この成功以後、バンドはいろいろな悲劇や問題に見舞われた。''96年6月12日、ツアーメンバーであったキーボーディスト、Jonathan Melvoinが、バンドのドラマー、Jimmy Chamberlinとヘロインを使用した後、ニューヨークのホテルで死体となって発見された。この事件後、Chamberlinは、バンドを脱退させられた。

 ''98年2月には、アルバムを制作しないことで、契約不履行としてレコード会社、Virgin Recordsに訴えられる。この件は、結局示談となるが、Corganは、最近の『Machina/The Machines Of God』の発売前日にもVirginへの不満を漏らしていた。

 ''99年9月、ドラマーのChamberlinが復帰した後、今度はベーシスト、D''Arcy Wretzkyの脱退を発表する。替りに元HoleのMelissa Auf Der Maurが加入。

 バンドがやっと再び軌道に乗り始めたと思われた時、バンドとマネージャーのSharon Osbourne(Ozzy Osbourneの妻)が、『Machina/The Machines Of God』の発売前日に、公衆の面前で醜い決裂劇を演じ、アルバムの成功をより妨げるものとなったようだ。

記:Neil Weiss、ロスアンジェルス
この記事をツイート

この記事の関連情報