レッチリ、他を迎えExperience Music Project博物館オープン【パート2】

ツイート
【パート1】より続き

 この博物館には、素晴らしいHendrixコーナーが“Cross Roads”セクションの中にある。また、“Sky Church”は巨大なビデオスクリーンと完璧な音響を備えた大きなホールとなっている。

 Jimi Hendrixの日記、貴重な1952 Broadcasterギター(1953 Telecasterモデルへと移行され、現在では生産されていないモデル)、Eric Claptonの“Brownie”ギター等はAllenの貴重な所有物であり、博物館に展示されている。MetallicaのKirk Hammettが、これらの品々をEbayのネットオークションで入札したんだけどと冗談を言っている。博物館を訪れた後にHammettがまた一言。「“誰が俺より高い値をつけて、競り落としたんだろう”と思ってたんだけど、Paul Allenだったんだ」

 博物館の他の見所は、Soundlab(音響ラボ)、Artist Journey(アーティストの旅)Travelling Electric Bus(トラベル・エレクトリック・バス)。Presidents Of The United States Of Americaのギタリスト、Dave Dedererは、この博物館で音楽におけるテクノロジーの影響に関するワークショップを行っていた。「2年位前から関わってるんだ」Dedererが言う。
「Experience Music Projectに品物を売ったり提供したりもした。あと、博物館が開く2年前から行われてる夏のアート・キャンプにも協力してる。熱心な子供達に音楽のクラスを教えたんだ。すごく良かったよ」

 博物館では何本かの映像を見せており、ドキュメンタリーものに出ているアーティストの何人かはその場に来ていた。Jefferson AirplaineのGrace SlickはSky Churchの自分の部分を見て、自分の事を“彼女”と呼んで話していた。元Nirvanaのベーシスト、Krist Novoselicは、シアトルに関する映画の中に自分の姿を発見していた。

記:Darren Davis、ニューヨーク
この記事をツイート

この記事の関連情報