レッチリ、他を迎えExperience Music Project博物館オープン【パート1】

ツイート
 The Experience Music Project Museumがシアトルでオープンし、オープニングイベントとして、週末3日間(6月23日-25日)3つのステージでの素晴らしいライブと共に一般公開された。一番の注目はMemorial Stadiumで行われたコンサートで、EurythmicsKid RockEminemMetallicaMatchbox Twenty、他が出演した。一流アーティストの出演もさることながら、この博物館自体が素晴らしいものである。

 シアトルの音楽、Jimi Hendrix、音楽教育に捧げられた博物館は、億万長者Paul Allenが設立した。ロックへ捧げられたこの芸術的な建物は熟練したグッゲンハイム建築家達により、美しく抽象的な形になっている。週末のイベント会場であるMemorial Stadium、Key Arena、Mural Amphitheatreへ向かい車を走らせるアーティスト達は、博物館の不思議な形に気付かずにはいられないだろう。Red Hot Chili PeppersのAnthony Kiedisが建物の印象をLAUNCHに語ってくれた。

「魅力的な女性の曲線的な雰囲気があるよ」と言う。「俺はつぶれたビール缶って呼んだけど、でも、女性の身体の色々な部分にもみえるね。お尻があるだろ、胸があって太腿もあって、すべてそれから模られている風だね。子供に材料と場所を与えたらこんな形を造るんじゃないかっていう感じだね。すっごく誉めてるんだよ」

 博物館のオープニングパーティーは6月22日(木)の夜に行われ、MetallicaAnn Wilson、ビル・ゲイツ、Sheryl Crow等が出席。Crowはライブも行った。Allenが粋な方法で開館セレモニーを行った。Filterのシンガー/ソングライター、Richard Patrickが、すごく良かったとLAUNCHに語った。

「最高だったのは、資本主義の帝王みたいな奴が博物館を開館するのに、ギターを取り出して、床に振り下ろし叩き壊して一言、“ここに開館する”だぜ。この博物館は、すごくパンクで反逆的で“イェーイ、ギターを壊せ。これがアートだ。危険でなければならない”って感じで、それがこの場所の持つ空気だと思う」
【パート2】へ続く
この記事をツイート

この記事の関連情報