リッキー・マーティンとクリスティーナ・アギレラのデュエット曲がファンへ無料配信される

ツイート
Ricky MartinChristina Aguileraとのデュエット“Nobody Wants To Be Lonely”(12月13日付ニュース参照)は、一般のシングルとしては発売されないことになった。Martinのレコード会社、Columbia Recordsでは、彼の新アルバム『Sound Loaded』を購入したファンに無料で提供することにした。CDを購入したファンは、そのCDをコンピューターのCD-ROMドライブにセットし、インターネットでMartinの公式ウェブサイト(rickymartin.com)にアクセスすると、そこに掲載されている詳細に従って曲をダウンロードできる。このデュエット・ヴァージョンは、最終的には現在アルバムに収録されているMartinのソロ・ヴァーションと入れ替えられる予定だが、それまではCDシングル付のスペシャル・パッケージ・アルバムが、2月より店頭で発売される。

ダウンロード以外にも、郵送で無料シングルを申し込むこともできる。『Sound Loaded』のアルバムの表に貼ってある「Features the smash hit “She Bangs” and also “Loaded”“Come To Me”“Nobody Wants To Be Lonely”」と書いてある茶色のステッカーを剥がして郵送する(編集部注:郵送によるCDシングル申し込みは、米国外からの申し込みは受け付けていない可能性が大きい)。

『Sound Loaded』は現在Billboard 200アルバム・チャートで53位。

Jason Gelman、ニューヨーク
この記事をツイート

この記事の関連情報