テンプテイションズが“City Of Hope”チャリティ・ディナーに出演できて光栄と語る

ツイート
10月11日(木)にロサンゼルスで開催されたガン研究センター“City Of Hope”のSpirit Of Life賞記念チャリティ・ディナーにTemptationsSmokey Robinsonらが出演した。この夜は、賞を受賞したVivendi Universalの副会長、Edgar Bronfman Jr.を称えるために、WhoのRoger Daltrey、SisqoMelissa EtheridgeMary J.Bligeなど他にも多くのアーティストたちが集まった。イベントの収益は、ロサンゼルスにある世界的にも有名なガン研究治療センター、City of Hopeに全額寄付された。

TemptationsのOtis Williamsは、グループは過去に何度も出演依頼を断らなければならなったが、今回は出演することができて喜んでいるとLAUNCHに語っていた。

「以前にも何度か依頼を受けていたんだけど、幸いにも今回、彼らがマネージャーに連絡をしてきたときは、ちょうどタイミングが良かった。というのも、今までもずっと参加したかったんだけど、いつもツアー中だったんだ。これに協力するというのは非常に前向きなことだし、私たちにとってもちょうどいい時期にあたったんだ」

この夜のテーマはデトロイトの有名レーベル、Motownで、出演者は全員、同レーベル全盛期のころの曲を披露した。LAUNCHではTemptationsの曲を歌うアーティストについて、事前にWilliamsに尋ねていた。

「Melissa Etheridgeが“Ball Of Confusion”を演って、Sheryl Crowが“Get Ready”を演る。その場にいて、他の素晴らしいアーティストたちが私たちや他のMotownの曲を演ってくれるのを聴けるなんて、これほど大変な光栄はないね」

Chad Dougatz, New York and Neal Weiss, Los Angeles
この記事をツイート

この記事の関連情報