サード・アイ・ブラインド、シュガー・レイ、シールらがBREATHE Concertに参加

twitterツイート
Third Eye BlindSugar RayCrazy TownSealDeftonesLil' KimJurassic 5他が期待はずれの観客動員数、技術トラブル、開演延期にも負けず、10月27日(土)の夜、ロサンゼルスのWiltern Theatreで開かれた乳ガンと闘うための資金集めに参加した。

5時間におよんだコンサートではアーティスト間のコラボレーションがいくつかフィーチャーされ、DeftonesとJurassic 5がステージを共にし、元インディーズロック・クイーンLiz PhairはThird Eye Blindと共に“Jumper”を演奏、そしてThird Eye Blindのフロントマン、Stephan JenkinsはPhairとチームを組み、カルトクラシック“F--k And Run”を披露した。

Sealはその夜、8月に航空機事故で亡くなったAaliyahを追悼して“Prayer For The Dying”を演奏し、エキサイティングな場面を作り出した。Aaliyahはこのコンサートに出演することになっていた。Sealは「これは悲しい曲ではありません」と言い、演奏を始めた。

他にも、Sugar RayのMark McGrathが熱烈なファンに囲まれながら会場のバルコニーから歌った“Fly”、Nikka Costaのエキサイティングなソウルファンク、Remy ZeroのCinjun TateとJulia Fordhamのステージなど。

母親を乳ガンでなくしたJenkinsがStep Up Women's Networkと共に共同プロデューサーを務めた。彼は病気と闘うための資金集めで9月11日のテロ攻撃を忘れてはいけないと言う。

「音楽コミュニティにいるすべての人々は、多くのチャリティをするように求められている」「先日の惨劇で、特にテロの方に目が向いてしまってるけど、乳ガンで死亡するアメリカ人女性は驚くべきペースで増えている。だから、時間を割いてこのコンサートに参加してくれた、すべてのバンドと関係者に本当に感謝したい」

Jenkinsはまた、「今夜プレイしてくれた人々の多くが自分と似たような体験をしていることに驚いている」と付け加えた。

Neal Weiss, Los Angeles LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報