カウンティング・クロウズのニューアルバム、ポール・マッカートニーから影響を受ける

ツイート
Beatlesのメンバーが、7月9日(火)に発売されるCounting Crowsのニュー・アルバム『Hard Candy』に注目すべき影響を及ぼしている。

Crowsのフロントマン、Adam Duritzは、よりパンチの効いた、一貫性のあるアルバムにしようと目標を定めたのは、Paul McCartneyとの会話にインスピレーションを受けたからだという。McCartneyは、曲作りの技術において彼に新鮮な認識を与えてくれたらしい。

「何年も前になるけど、Rock And Roll Hall Of FameでPaul McCartneyと話したあの時、俺はその最中にふと思ったんだ。“なんてすごい人なんだろう”ってね。すごく過小評価されていて、正当に評価されていなかったんだ、あの時はね。なんていうか、40年間、人の頭に焼き付いて離れないメロディを書くって、どうやったら実現できるんだ?ってそう思った。彼はこういったよ。“僕はこのレコードにすごく熱中している。すべての歌にはすばらしいメロディがなくちゃね。そこがスタート・ポイントなんだよ”ってね」

『Hard Candy』には、シングル「American Girls」の中でSheryl Crowがゲスト参加しているほか、Ryan AdamsMatthew Sweetがカメオで参加している。

最近、The Whoのオープニング・アクトを終えたThe Crowsは、ニューヨークの Irving Plazaで7月13日(土)にコンサート演奏を行なう。同グループは8月にヨーロッパ・ツアーを予定しており、秋に北米ツアーを行なう予定だ。

Gary Graff, Detroit (C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報