BLR-I 白根賢一スペシャル・コラム

twitterツイート

グレイトな洋楽アーティストのライヴ映像を続々配信している
BARKSの人気コンテンツ<Barks Live-Rally International>
編集部的にも仕事半分趣味半分で楽しんでしまっておりますが、
ここはひとつ、ミュージシャンの目から見た
「この映像にはこんな見どころももあるんだよ♪」というポイントや、
そのアーティストの魅力を聞いてみたいなと思った次第。
ということで、J-POP界きっての音楽愛好家であるGREAT3の面々による、
<Barks Live-Rally International>選り抜きコンテンツの
スペシャル・コラムをお届けしてきましたが、残念ながら今回で最終回。

最後を飾ってくれるのは、ドラムの白根さんです!

追記
この原稿と一緒に、ヴォーカルの片寄さんが盲腸になった、というお知らせが届きました。
片寄さん、お大事に。

ダサさがカッコよく見えた瞬間、これがスペース・エイジ・ロック・ショーの金字塔だと納得


Barks Live-Rally International
SPECIAL COLUMN

【第1回】BLR-I 04 ch
Joni Mitchell 「Painting with Words & Music」

【第2回】BLR-I 05 ch
The Who
「At the Isle of Wight」


【第3回】BLR-I 11ch
Earth,Wind & Fire
「Earth,Wind & Fire-Story」


【第4回】BLR-I 14 ch
ELO
「ELO-Live at Wembley」


>>
Barks Live-Rally International



著者紹介

白根 賢一
比類なきオリジナリティとポップ・センスに溢れる3ピース・バンド、GREAT3のDrums & Voを担当。最新作『climax』では、"トラウマ系"ということで寺尾 聡風味のシブイ歌声を披露しています。

【オフィシャル・サイト】
http://www.Great3.com/
【Music Gallery sitio】
http://www.sitio-music.com/
【東芝EMI】
http://www.toshiba-emi.co.jp/


GREAT3 New Single

「climax e.p.」
TOCT-4456 1,100(tax in)
2003年2月26日発売


1. DAN DAN DAN ダン・ダン・ダン
2. Devil's Organ 悪魔のオルガン
3. Haiku 熊穴に入る

GREAT3 New Album

『climax』
TOCT-24982 3,059(tax in)
2003年3月26日発売


1. Superstar スーパースター
2. Dummy Oscar 誰かの唇
3. Television 裏切りの男
4. Honey 恋人よ
5. HAIKU 熊穴に入る
6. China Bowie チャイナ・ボーイ
7. Volvox ボルボックス
8. The Thorn 刺だらけの都市
9. DAN DAN DAN ダン・ダン・ダン
10. Al Capone アル・カポネ
11. Devil's Organ 悪魔のオルガン
12. Charm Against Evil 渦巻いた世界

1978年、パンクロックにやられた俺は、中指立てることを覚え、親や教師、体制側と思われるもの全てに腹が立ち、ロックンロールバンドでドラムを叩くこと以外にやることも、やるべきことも見つけられないまま、レザーのパンツにナイフをしこんで、サーチ・アンド・デストロイの毎日だった……、ような気がする。気がするだけかもしれない。

俺の大事なロックンロール・レディオから、体制のブタ共に媚びたような、軽くて甘くて口当たりのいいお菓子みたいなポップス、例えば、アバビージーズ、 そして、このエレクトリック・ライト・オーケストラ略してE.L.O.のような奴らの曲がかかろうものなら、即、チャンネル・チェンジしていた。たぶん。そう だった気がする…。

月日は流れ、数年前に観た映画『ヴァージン・スーサイド』で、ブロンドの美人姉妹が頭の堅いサイコ親父に自宅監禁されて、外界とは電話と手紙でくらいしか通じなくなってしまった切ない状況のもと、電話口で男の子たちとレコードの聴かせっこをするっていう好きなシーン、そこで使われていたのがトッド・ラングレンの名曲「ハロー・イッツ・ミー」とE.L.O.の「テレホンライン」。

--時として音楽は、セリフの何十倍も饒舌に気持ちを伝えてくれますよね。青春がよみがえり思わず目頭があつくなりました--。「Oi Oi さっきブタ野郎とかいってたじゃん?」とオイパンクの方でなくても、そう突っ込みたいところでしょう。いいんです。突っ込んでください。そうです、わたくしの青春はそんな甘くて口当たりのいいポップスがいっぱいの毎日だったのDESTROY~!(なぜかまだパンク風)。といってもリアルタイムで経験するにはちょっと子供でしたのでかなり後聴きでした。ましてやライヴなんて当然観てないわけで、E.L.O.の絶頂期であろう当時のこの貴重なライヴ映像を、 大人になった今こうして見れることは嬉しいことであります。

場所はロンドンのウェンブリー・スタジアム。予算は青天井、いや宇宙の彼方といった感じの超ド級の豪華で大袈裟UFOセットの光景にまず度胆を抜かれるでしょう。シュプレヒコールの中、レイザー光線が会場全体を縦横無尽に飛び交い、貝のフタのように開かれた円盤から姿をあらわすE.L.O.のメンバー。変則的曲の構成、複雑に絡んだコーラス旋律をもろともせず、グングン力強くダイナミックに演奏する様は圧巻。ピカピカレザーのムッチりパンツにカーリーヘアーっていうダサさが、一気に変換してとてもカッコよく見えてしまった瞬間、これが泣く子も黙るスペース・エイジ・ロック・ショーの歴史的、金字塔的ライヴだと多くの人が納得するでしょう。

'80年前後の、視覚、妄想、幻想、ファンタジーといった楽曲以外の新たな次元に果敢に挑戦していた時代、ポジティヴで明るいフューチャーを見れてた時代、マザーシップや古代遺跡、バロックとロックの融合、コンセプトの美学、ときにはバカみたいに壮大になりすぎて空回り…、そんな時代感が、今のこの閉塞した世の中に再び求められてるのかも、と、このE.L.O.やここ最近の80'sポップス、ディスコ流行を見てちょっとだけ感じました。みなさん、21世紀型の 誇大妄想、巨大な勘違いをたくさんして、より良い社会を創造しましょう! なんちゃって。

GREAT 3 白根賢一



INFORMATION

■■GREAT 3 最新インタヴュー■■
<『climax』はトラウマ系?>
見る


■■GREAT 3 TOUR 2003 <climax>■■

◇2003.5.6(火) 18:00/19:00
心斎橋クラブクアトロ
【問】サウンドクリエーター 06-6357-4400

◇2003.5.7(水) 18:00/19:00
名古屋クラブクアトロ
【問】052-936-6041

◇2003.5.9(金) 18:30/19:30
SHIBUYA-AX
【問】ディスクガレージ 03-5436-9600
※月~金 12:00-19:00


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報